2007年4月アーカイブ

父野川林道を走破中、どれだけ脚が伸びるかハイラックスサーフを道の盛り上がっている所に乗り上げてみました。(まだまだ、脚は伸びそうです!)

愛媛県の父野川林道 その4

これだけしか車体が傾いていないもかかわらず、運転席に座っていると、ハイラックスサーフが横転しそうに感じます。

愛媛県の父野川林道 その5

外側から見ると傾斜角度は5°程度ですが、運転席に座っていると30°程度傾いているように感じます。

林道を走行中する場合は、いくつもの分岐箇所がある場合があるので、道に迷わないように!
また、ガードレールなどは整備されてなくなく、路肩を走ると、地盤の柔らかいところでは車が滑り落ちる可能性があるので、道の真ん中を走行するように心がけてください。

先日、ハイラックスサーフで愛媛県久万町にある父野川林道を走ってみました。


松山市内から国道33号線に入り、久万町 梨ノ下交差点を右折、県道211号線を経由、ほうじが峠から林道に入りました。

愛媛県の父野川林道 その1

林道とはいえ、未舗装のうえ、砂利道なので、乗りごこちはそれほど良いものでは...

15分で走破できるらしいですが、時速20kmで30分ほどかけて走破。

ところどころ、水溜りがあり、ゆっくり通過するも、やはり、ハイラックスサーフのタイヤ後部は泥だらけに。

愛媛県の父野川林道 その2

途中でジムニーとすれ違うが、相手方は、ヘッドランプを点灯していなかったため、直前まで対向車に気が付きませんでした。

林道や未舗装道路などの見通しの悪いところでは、事故防止のため

昼間でもヘッドランプを点灯

し、自分の存在をアピールしましょう!

愛媛県の父野川林道 その3

純正品とは違うスポーツタイプのエアクリーナーがハイラックスサーフに装着されていたので、純正品に戻してみることに...

早速、イエローハットに出向き、TOYOTA ハイラックスサーフ 純正品のエアクリーナーを探してみるとすぐに見つけることができましたが価格が

4500円

ちょっと高いな!

しかし、イエローハットのポイントカードを持っており、ちょうど、

500円分の割引券10%割引券

割引券は年2回、イエローハットのポイント会員に送られてくる。500円分の割引券はオイルエレメント購入の際には必ず利用しています。

を持っていましたので、500円分の割引券を使用して

4000円

でエアクリーナーを購入。

他人の目も気にせず、イエローハットの駐車場で、エアクリーナーを交換し早速、走行してみました。あまり違いはわかりませんでしたが、次回の給油時までに540km走行。

ハイラックスサーフの燃費は、

9km/リットル

まで改善されていました。

燃費が悪いと思っているディーゼル車の所有者の皆さん、

エアクリーナーは純正品ですか?
エアクリーナーの清掃は定期的に行っていますか?

一度、チェックしてみることをオススメします。

納車時にハイラックスサーフに搭載されていた軽油も底を付き、初めての給油。

当時は、

軽油価格が90円

ちょうど、ガソリン、軽油の販売価格が値上がりし始めた時期でした。

この最近は100円台まで低下しましたが、また、5〜6円値上がりするみたいですね!

この頃には、新しい車にも慣れ、狭い道でのすれ違いや、バックからの駐車も楽にこなせるようになりました。

このときは、満タン60リットルの軽油で400km走れましたので、燃費は

6.7km/リットル

まだ、燃費は悪い。

中古車で購入しましたので、当然、2インチのリフトアップ、マフラーの交換、265/75Rのタイヤの装着等、前オーナーが改造済み。

もしかしたらと、ちょっと気になるところがあったので調べてみると、

吸気抵抗が少ないスポーツタイプのエアクリーナー

が装着されていました。

次回に続く

ハイラックスサーフ(ディーゼル)、MT車が納車されたとき、燃料タンクには半分の軽油が搭載されていました。サーフの燃料タンクの燃料は、

満タンで70リットル

燃料残量が残り10リットルで警告等が点灯しますので、納車時には約30リットルの軽油が燃料タンクに入っていたことになります。

初めてハイラックスサーフを運転したときには、車体が大きくて重く、以前載っていたMT車よりも

クラッチが重く、

ギアを切り替えるタイミングもよくわからない....

どうしても、

アクセルを吹かしてしまい、

リッター当たりの燃費は、

これがディーゼル車の燃費か!

というほど最悪な結果でした。

この時は、30リットルの軽油で190km程度しか走れませんでしたので、

リッター当たりの燃費は、

6.3km/リットル

でした。

次回に続く