任意保険

| トラックバック(0)

車を運転している以上、任意保険には加入しておきましょう。

強制保険の「自賠責保険」は、被害者の

「最低限の補償を確保する」

のが目的ですので、他人の車、建築物、ましてや加害者の補償まではしてくれません。その強制保険では保障してくれない部分を補うのが

任意保険

なのです。

この最近は、任意保険に加入していない人も多いらしいです。
そのため、事故を起こしても、

お金がないので弁償できない。
弁償できないから、加害者が行方不明になる。

そんなトラブルが多くなったらしいので、昨年の保険更新時には車両保険の加入も勧められましたが、

保険金額が 15万円超

になるので、車両保険加入は断念

新車、高級車になれば盗難される可能性が高くなるので必然と保険料は高くなります。ランドクルーザー「シグナス」クラスなら保険料が軽く30万円は超えますからね!

結局、加入したのは、

対人 無制限
対物 無制限
搭乗者 1000万円

の補償内容で、

保険金額が5万円強

昨年、保険料更新のときに一括見積もりをしてみたら、

同条件で、今加入している保険会社より年間で一万円弱安い保険会社がありましたので、そちらの会社の保険に加入しました。

保険料は年齢や、車種によっても違いますが、四駆なら車両保険の加入なしで、事故歴なしなら、10万円あれば十分なお釣りがくるのではないでしょうか?

昨年度、ハイラックスサーフの料率が変わって、若干保険料が値上がりしました。料率とは、車種などで分類されたグループごとの事故率や損害率などから危険度を算定したものです。したがって、スポーツカーなどは一番料率が高く、危険度が少ないコンパクトカーなどは料率が低くなります。料率が高いということは、危険度が高いということですので保険料は高くなります。反対に料率が低いと保険料は安くなります。

「自分は絶対に事故をしないから任意保険に加入しなくても大丈夫だ!」
という自身がある方、

いつ、歩行者が飛び出して来るかもわかりません

タイヤがスリップして前方車に追突するかもわかりません

事故を起こして億単位の賠償金を請求されるかもわかりません

事故を起こしてからは遅いのです。自動車を運転するからには、

自分も守ってくれる任意保険に加入しましょう!

※任意保険の保険料は、事故暦なし、年齢が20代後半の場合です。参考程度に!!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 任意保険

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/12