2007年5月アーカイブ

クルマについているエアクリーナエレメントとは、空気中に含まれているゴミやチリなどを取り除いて、清浄な燃焼用空気をエンジンの燃焼室に送り込むためのものです。

ディーゼル車の場合、定期的にエアクリーナーの点検・清掃を実施していないと、燃費が悪化するばかりか、黒煙を「モクモク」と撒き散らながら道路を走ることになります。環境のためにも、愛車のためにもエアクリーナーの清掃は定期的に実施したいものです。

それでは、実際にハイラックスサーフ KZN-185Wのエアクリーナーの清掃をしてみます。

エアフィルター清掃 1

ハイラックスサーフのエアクリーナーは、エンジンルーム内のルーム内の右側上部にあります。写真中央の黒いボックスの中にエアクリーナーが入っています。

エアフィルター清掃 2

黒いボックスの蓋を固定している3箇所のクリップの爪を外します。クリップを外すと簡単にエアクリーナーを取り外すことが出来ます。

エアフィルター清掃 3

これが、ハイラックスサーフのエアクリーナーです。このエアクリーナ−は純正品です。

以前のオーナーが吸気抵抗の少ないスポーツタイプのエアクリーナーをつけていたのですが、あまりにも燃費が悪いので純正品に交換しました。純正品は、イエローハットで4500円でした。

エアフィルター清掃 4

コンプレッサーの圧縮空気でエアクリーナーの吸い込み面のゴミやホコリを吹き飛ばします。あまりにも汚れがひどい場合や、フィルター部が損傷している場合は交換が必要となります。

あとは、取り外した順番とは逆にエアクリーナーをセットします。

メンテ(エアクリーナー清掃編 終わり)

ここで質問です。下記のハイラックスサーフ後部の写真を見て何かお気づきになりませんか?

モールの修理 1

ドアのところのモールの色が違うのです。

管理人がハイラックスサーフに乗り始めて半年ほど経った頃、Y電機が新規オープンして開店セールに行っていたんです。開店セールということもあり、店内はお客さんでいっぱい!
駐車場の出口もクルマがズラズラズラ......
駐車場を出ようと右折したときガリガリガリと愛車のハイラックスサーフを擦っちゃいました!
(Y電機のガードマン ちゃんと見とけよ!と言いたかった...)

場所は左リアのオーバーフェンダー部、正確にはリアドアのモールでした。

擦っちゃったのは自分ですからすぐにその場を立ち去ったのですが、自宅についてからしばらくはブルーな気持ちで落ち込んでいました。

クルマのボディー直撃じゃなかったのがせめてもの救いでした。

摩っちゃものは仕方がないのだから修理はどうするかとインターネットで情報を探していたら、同じようなケースで、モールの交換と塗装をした場合5万から6万円必要らしいことが判明。

修理費を抑えたかった管理人は、とりあえずモールを購入して塗装をしてもらって、あとは自分で取り付けコースを選択しました。

モールの修理 2

モールの品番を調べるのに、以前ヤフオクで1100円で落札した

ハイラックスサーフのパーツカタログ

を使用。パーツカタログで品番を調べて

リアドア アウトサイドモールディング

と、ゴムのパッキンみたいな

リアドア モールディング パッド No.1

オートパーツプラザにて見積もりを出してもらうと

  • 品番 75075-35900-B0
  • リアドア アウトサイドモールディング RH 9030円
  • 品番 75767-35020
  • リアドア モールディング パッド No.1 294円
  • 送料 全国一律 1000円
  • 合計 10324円

ハイラックスサーフのモールは無塗装との情報を事前に仕入れていたので、モールが塗装済みか確認すると

モールの塗装済みはなし

との返答。どこかで塗装してもらわなければなりません。

モールが到着すると、知り合いの板金屋に1万円で塗装してもらいました。

塗装が完了して、損傷したモールを外して新しいモールを取り付け。取付の際に、1箇所リベット止めしなければなりません。

取り付けが完了して、色を確認してみると違いますね!
塗装費を値切った管理人が悪かったのでした。

マフラーリングは1個1個順番に交換して下さい。マフラーは吊っているだけですから、全てのマフラーリングを外すとどうなるか想像できますね!

強化型のマフラーリングは硬いので、なかなかステーに差し込むことが出来ません。ステーを通す穴にあらかじめ潤滑材を塗布しといて下さい。

ハイラックスサーフのマフラーリング 交換後その1
交換後のマフラーリング 1

ハイラックスサーフのマフラーリング 交換後その2
交換後のマフラーリング 2

不具合(アイドリング時にカンカンカンと金属音がする)を参照

マフラーを車体の下に吊っているハイラックスサーフのマフラーリングかなり劣化していたので新品と交換してみました。

管理人のハイラックスサーフは計3箇所(2種類 計3個)でマフラーを吊っているのですが、そのうちの1個の型番が分かりませんでしたので、2個だけ新品と交換しました。

交換前のマフラーリング その1
交換前のマフラーリング 1

交換前のマフラーリング その2
交換前のマフラーリング 2

まず最初に、クルマの下に潜りこんで劣化したマフラーリングをステーから取り外ます。(エンジン停止直後はマフラーが高温になってますので、十分に冷却後した後で作業を行って下さい。)

交換前のマフラーリング 3

取り外したマフラーリングです。写真では分かりにくいですが、かなり劣化しています。

新品のマフラーリング

今回取り付ける強化型のBタイプのマフラーリングです。マフラーの取り付け穴の形式や大きさによってタイプが異なりますから購入時にはよく確認して下さい。(管理人はヤフオクで2個入りを送料込み1980円で落札しました。)

次回に続く

今月の給油で愛車のハイラックスサーフ(KD-KZN-185W)が最高燃費を記録しました。

  • 走行距離 599km
  • 給油量 59リットル
  • 燃費 10.1km/リットル

普段は街中オンリーなのですが、今月は200kmほど信号のほとんどない郊外を走ったので燃費が良かったみたいです。

一時期、100円台まで低下していた軽油113円まで上昇!給油量が約59リットルで6700円也。