バッテリーについて

| トラックバック(0)

自動車は、いくら燃料が満タンでも、セルモーターを回す事ができなければ、エンジンを始動することができません。

その、セルモーターを回す源(みなもと)となるのが、

バッテリー(鉛蓄電池)

です。

ディーゼル車は圧縮比が高く、エンジンを回すにも、大きな容量のバッテリーが必要となりますので、バッテリーあがりにより、ブースターケーブルを使用してエンジンを始動してもらう場合には、

同クラス程度以上のバッテリーを持つ救援車

が必要となります。

小容量のバッテリーを搭載する軽自動車や小型乗用車から救援してもらうのはNG!相手方のバッテリーを痛める可能性があります。

バッテリ−は容量が大きくなればなるほど高価となりますので、バッテリーの寿命を延ばすためには定期的なメンテナンスが大事となります。

メンテ バッテリー液補充 1

ちなみに管理人のサーフは寒冷地仕様なので、バッテリーが2個搭載されています。バッテリーが2個なので交換の際のコストは倍になります。

バッテリーが2個搭載されている場合は、2個同時に交換して下さい。どちらか、一方のバッテリーのみ交換した場合は、新しいほうのバッテリーに負担がかかり寿命を縮めてしまいます。倍の出費で大変ですが、車のことを考えるなら2個同時に交換して下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: バッテリーについて

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/18