バッテリー液を補充する

| トラックバック(0)

バッテリー液の比重は大丈夫でしたか?

次は、バッテリー液の補充をしてましょう!

バッテリー液は硫酸を蒸留水で薄めたものなので、充電中に硫酸水溶液中の水分が酸素と水素に分解されて大気中に放出されてしまい、バッテリー液が減少してしまいます。

バッテリー液が減少したままにしておくと、バッテリーの性能が低下するばかりか、寿命も縮めてしまいますので定期的に減少した水分の補充をしなければなりません。

水分の補充には純水(蒸留水)を使用します。ホームセンターや、カーショップなどで専用の補充水が数百円程度で売られていますので、それを使用して下さい。(水道水には塩素分や鉄分が含まれていますので、使用しないで下さい。)

メンテ バッテリー液補充 8

下記写真が、補充水を補充する前のセル上部を撮影したものです。

バッテリー液が減っているのがわかりますか?

メンテ バッテリー液補充 9

このままにしておくと、バッテリーの寿命を縮めてしまいますので、補充水を補充してみましょう。補充水の補充には、比重を測定した際に使用したスポイト(比重計)用いると、楽かもしれません。

バッテリー液を入れすぎると、運転中にガス抜き穴などから希硫酸が噴出すことがありますので、入れすぎには注意して下さい。

補充水は、

下限ラインと上限ラインまでの範囲に納まるように

補充すること!

バッテリーの外側から、液量が見えにくい場合は、バッテリー外箱に懐中電灯の光を当てて下さい。懐中電灯の光が、バッテリ−内部を透過して、見えやすくなる場合があります。
それでも見えない場合は、液栓をはずした穴からセル内部を覗いて、液量を確認して下さい。セル入口の円筒の下部がバッテリー液と接触するまで、補充水を補給すると、ちょうど、下限ラインと上限ラインの中間ぐらいになります。
メンテ バッテリー液補充 10

補充後、液栓は確実に締めて下さい!

バッテリー液は、希硫酸ですので、くれぐれも取り扱いは慎重に!

※補充水を補給したにもかかわらず、すぐに、バッテリー液が減少する場合には、バッテリーの寿命ですので、交換が必要となります。

(メンテ編 バッテリー液の補充 終わり)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: バッテリー液を補充する

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/22