AT車にするかMT車にするか?

| トラックバック(0)

車には、AT車とMT車があるのはご存知だと思います。

AT車は、

オートマチック・トランスミッション車

の略語で、MT車は、

マニュアル・トランスミッション車

の略語です。

AT車とMT車の大きな違いは、

クラッチ操作とギアチェンジ

です。

AT車は、車のスピードに応じて変速機が自動的にクラッチ操作とギアチェンジをしてくれますが、MT車は運転者がクラッチ操作とギアチェンジをしなければなりません。

AT車は、アクセルとブレーキを片足のみで操作でき、運転中はギアチェンジの必要がないので左手はフリーの状態になります。なので、運転中にパンをかじりながら、お菓子を頬張りながらという芸当ができてしまいます。

それに比べてMT車は、クラッチ、アクセル、ブレーキを両足で操作する必要があり、ギアチェンジも運転者自身が左手でしなければなりませんので、運転中は左手がフリーになることはほとんどありません。

運転が楽なこともあり、今ではAT車の販売が大部分を占め、MT車の販売台数は激減しました。(ハイラックスサーフもAT車のみとなり、MT車派としては残念で仕方ありません。)

しかし、AT車にはないメリットがあるのも事実です。

例えば、

構造的に壊れにくい

ことです。

AT車の変速機はメカの組み合わせですからですから、MT車と比べると壊れやすいみたいです。(ATが壊れて車が走らないというトラブルはよく耳にします。)

MT車は、変速機はギアの組み合わせですから、無茶な変速操作を行わない限りは壊れません。(たまに、シフト部の劣化により特定のギアが入らないというトラブルがあるみたいです。)

AT車よりMT車の方が

燃費がよい

という特徴もあります。運転者自身が、路面状況やスピードに応じて任意にギアチェンジできますから、当然といえば当然のことでしょう。車種によっても違いますが、MT車のほうが、リッタ−当たり0.5〜1.0km程度は違うみたいです。

下り道などでエンジンブレーキを活用すれば、エンジンへの燃料供給が止まり、さらに燃費は向上します。

長期間乗り続けるのであれば壊れにくくて燃費のよい、MT車の購入を検討されてみてはいかかでしょうか?

これからクロカンを始めてみたいと思っているあなた、AT車はクロカンには不向きで危ないので、できればMT車にして下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: AT車にするかMT車にするか?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/27