ハイラックスサーフのオイル交換 その3

| トラックバック(0)

それでは、これから実際にハイラックスサーフのオイル交換をしてみます。

下の写真の赤丸内の蓋がオイルキャップです。ここから、新しいオイルを注油します。

ハイラックスサーフのオイル交換 3

オイルを排出するドレーンプラグは、ボンネット真下の中央部付近にあります。下記写真の赤丸内のボルトがドレーンプラグです。

ハイラックスサーフのオイル交換 4

これからオイルを抜くわけですが、まず最初にキレイなウエスで、オイルキャップやドレーンプラグの周辺を吹いて下さい。これは、オイルキャップやドレーンプラグの周辺に付着したゴミや埃がエンジン内部に入らないようにするための処置です。

それでは、これからオイルを抜いてみます。

まず最初に、オイルキャップを外してください。(オイルキャップをエンジンルーム内部に落としたら取るのが大変ですから、バッテリーやエンジンヘッドの上には置かないように!)

エンジンオイルやデフオイルなどを交換する際には、必ず最初にオイルの注油口(入口側)を開けて下さい。最初にドレーン側(出口側)を開けてオイルを抜いたのはいいけれど、注油口が開かなくてオイルの注油ができないことになったら大変ですから。

次に、ハイラックスの下にもぐりこんで、ドレンプラグを少し緩めて下さい。それから、オイル受箱をドレーン口の真下に置いて下さい。

ドレーンから排出されたオイルは、思ったより後方に飛びますから、オイル受箱は後ろ目に置いて下さい。

オイル受箱のセットが完了したら、ドレーンプラグを外してください。エンジンを止めてからあまり時間が経っていない場合は、オイルが熱いので"やけど"には注意して下さい。

ハイラックスサーフのオイル交換 5

オイルが完全に排出されるまでには時間がかかるので、しばらく待機。


あらら、オイルが飛び散っちゃってます。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ハイラックスサーフのオイル交換 その3

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/31