ハイラックスサーフのオイル交換 その4

| トラックバック(0)

オイルが抜けるまでに時間がかかるので、その間にドレーンプラグ用のガスケットを作成。以前、ハイラックスサーフ用のガスケットを買ってきたのですが、全くサイズが合わなかったので、それ以来、ドレーンプラグのサイズに合わせて自分で作成するようになりました。

ドレーンプラグ

「とも洗い」をするため、以前のオイル交換時に余ったオイルをオイルジョッキに入れます。

※「とも洗い」とは、エンジン内部を洗浄する方法で、新しいオイルを注入口より注油し、エンジン内部に残った燃えカスなどをオイルとともにドレン口より排出すること。
ハイラックスサーフのオイル交換 7

オイル注入口からオイルを注入し、「とも洗い」をします。

オイルは

ドロドロ

っと粘度があるので、オイル注入口からふきこぼれないようにゆっくりと注入します。

ハイラックスサーフのオイル交換 8

オイルが、ほぼ抜けるまで待機します。

ハイラックスサーフのオイル交換 9

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ハイラックスサーフのオイル交換 その4

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/32