アイドリング時にハイラックスサーフからカンカンカンと金属音が!

| トラックバック(0)

ハイラックスサーフの中古車を購入して半年ほど経過した頃、エンジンをかけて駐車していると

カンカンカン.....

とクルマの下のほうから金属音が発生。

クルマを降りてこの音の発生源を特定しようとしましたが、この時は車を降りるとすぐに音はしなくなりました。

それからたまにアイドリング時に、この金属音が発生するようになったのですが、詳細な発生源は分かりませんでした。

最初は金属音も小さくてそれほど気にはしてなかったのですが、2ヶ月も経過すると

カンカンカン...

と、ものすごく大きな音が発生するようになり、赤信号で停止しているときやドライブスルーを利用するときはものすごく恥ずかしかった....

とりあえず発生源が特定できないのでインターネットで情報を収集していると、マフラーを吊っている

マフラーリング

の劣化によりマフラーと車体が接触して金属音が発生

との情報があったので、マフラーリングの交換を実施。(詳細は近日中にメンテ「マフラーリング交換」編に掲載予定)

マフラーリングを交換して一時は金属音は消えたのですが、しばらくすると同じ金属音が発生するようになったのです。

今度は念入りに車体の下を点検すると、発生源を特定することが出来ました。発生源はマフラーリングの劣化によるものではなく、マフラー本体にあったのです。

下記写真の赤丸内をご覧下さい。

ハイラックスサーフのマフラー 1

マフラーの菅とタイコ部分を接続しているステーの上側部分にひび割れがあるのが分かりますか?

金属音の直接の原因は、振動によりステーの溶接部分が割れたことによるものでした。

原因が分かったので、ハイラックスサーフを鉄工所に持ち込み溶接して貰うことに....

溶接棒を1本使用して、

工賃は2000円也

以上

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アイドリング時にハイラックスサーフからカンカンカンと金属音が!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/47