ハイラックスサーフにバックフォグランプを取り付け その3

| トラックバック(0)

これがバックフォグランプです。

バックフォグランプ本体

配線がしやすいように、バックフォグランプのマイナス線にはY型端子を、プラス極にはギボシ端子を取り付けてください。

L字型金具の取り付け その1

バックフォグランプをハイラックスサーフに固定するためにL字型金具を車体に取り付けます。L字型金具はバンパーを固定しているボルトに取り付けるのが最適だと思います。

L字型金具の取り付け その2

バックフォグランプをL字型金具に取り付けます。ディーゼルエンジンの振動でボルトが緩みやすいので、スプリングワッシャーを入れて確実に固定してください。

マイナス線に取り付けたY型端子を、バンパーを固定しているボルトに固定してください。(L字型金具を取り付けたボルトとは異なるほうが良い)

ハイラックスサーフの水抜き穴

バッテリーから引っ張った電源線をトランクルームの下にある水抜き穴(写真の赤丸を参照)から引き出します。

バックフォグランプの配線

電源線をバックフォグランプと接続します。接続点には念のためビニル絶縁テープを巻いといてください。

管理人は、車体の外に出た電気配線は水や泥の影響を受けて劣化しやすいので保護チューブ(ドライヤーなどの熱風をあてると収縮するチューブ)に入れています。

電気配線のほうは、写真がないので省略します。

(バックフォグランプの取り付け編 終わり)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ハイラックスサーフにバックフォグランプを取り付け その3

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/61