四駆に乗り始めて変わったこと

| トラックバック(0)

四駆に乗り始めてそろそろ3年が経過しますが、以前のクルマ(セダン)に乗ってたときとは運転方法などが大分変わったような気がします。

ハイラックスサーフは、セダンやコンパクトカーと比べると車高(運転席)が高いので前方の様子がよく見えます。ですから信号の状態や前方の混雑状態が早めに察知できるようになりました。

以前のクルマなら、前方の信号が赤の場合には信号の直前でブレーキを踏んでいたのですが(前方車がいて前方の様子がよく見えない場合)、ハイラックスサーフに乗り換えてからは前方の様子がよく見えるようになり、信号の数百メートル手前からエンジンブレーキを活用して徐々に速度を落として停止するエコ運転をするようになりました。

以前なら信号が青になると同時にアクセルを吹かしてゼロヨンスタートのごとく急発進していたですが、今は車体も重くなったこともあり、徐々にアクセルを踏んでゆっくりと発信するようになりました。
たまに、スタートダッシュでトラックにも抜かれることもありますが、燃費はかなりよくなったと思います。

あとは、センターラインのない狭い道路でダンプカーや10トントラックなどとすれ違う際に、相手側のほうが道路の広い場所で待っててくれるようになりました。以前のクルマなら、相手側もスピードを落とさずにすれ違うこともあり、何度も怖い思いをしたこともありました。以前のクルマとは、全幅で10cmしか違わないんですけど、クルマの高さがあるから大きく見えるのでしょうね!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 四駆に乗り始めて変わったこと

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/63