VIPER を ターボタイマーに対応させる!

| トラックバック(0)

管理人が買ったカーセキュリティー装置がターボタイマーに対応していなかったので、衝撃(振動)を感知するショックセンサーの電源供給をリレーで制御することによりターボタイマーとの共存ができると考えたのですが、現実にはうまくいきませんでした。

VIPER本体へはバッテリーからの常時電源線イグニッション線を接続するのですが、前述したようにイグニッション線にはエンジンが回転中は電源が供給されています。

イグニッション線の役割は、エンジンが回転中かどうかを検出してセキュリティー装置のオンオフ動作を制御することです。つまりイグニッション線は、エンジンが回転中はセキュリティーをオンに出来ないようにインターロックの役目をしているのです。

ターボタイマーとの共存化を実現するためには、ターボタイマーが効いているとき(クルマのキーを抜いているとき)にはイグニッション線からの電源供給をストップさせなければなりません。

このような動作を実現させるために、ターボタイマーが効いている間は電源がオフになる配線はないかとテスターを片手に探していると案外簡単に見つけることができました。

それは、アクセサリ電源です。

ショックセンサーの配線図 3

上記図のように、イグニッション電源をアクセサリ電源に置き換えることによりターボタイマーとの共存が実現したのですが、またもや問題が...

(次回に続く)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: VIPER を ターボタイマーに対応させる!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/72