VIPER ライト・フラッシュ出力線の接続

| トラックバック(0)

VIPERのライト・フラッシュ出力線はリモコンでドアをロックした際に1回、アンロックした際に2回出力電流が流れる制御線です。

またセキュリティー装置と連動しており、ショックセンサーが衝撃を感知した際にアラームが鳴るとともにライト・フラッシュ出力線にも出力電流が供給されます。

このライト・フラッシュ出力線をハザードランプ(ウインカー)に接続すれば、リモコン操作をしたときにハザードランプの点滅により視覚的にドアのロック&アンロックの状態を確認できるばかりでなく、アラーム(VIPERセキュリティ装置)が作動したときにハザードランプを点滅させて威嚇することもできます。

それではハイラックスサーフのハザードランプにライト・フラッシュ出力線を接続してみます。

ハイラックスサーフのハザードランプ

ハザードランプと連動させるにはハイラックスサーフの運転席にあるハザードスイッチにライト・フラッシュ出力線を接続してやるのが一番簡単です。

ハザードランプのコネクタ

オーディオカバーを外して、ハザードスイッチの裏側にあるコネクタを外します。

ハザードランプ への接続結線図

ハザードスイッチのコネクタから電線を分岐させて上記配線図のようにリレー及び各電線を接続してください。

ハザードランプへの接続

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: VIPER ライト・フラッシュ出力線の接続

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/86