VIPER 付属品の設置 バレースイッチ

| トラックバック(0)

もし、VIPERセキュリティ装置が作動している状態でリモコンの電池がなくなったらどうしますか?

電池のなくなったリモコンでは車のドアを開けることができませんからキーで直接開けることになるでしょう!

当然、VIPERセキュリティ装置が作動してますから車のドアを開けた途端、大音量のアラームが発せられることになります。また、セルスターターリレーが動作しますからハイラックスサーフのエンジンですら始動することができません。

このようなときに、VIPERのセキュリティー装置を解除するのがバレースイッチです。(バレースイッチは、VIPERの各種設定を変更するときにも使用します。)

バレースイッチは、VIPERセキュリティ装置を解除することができますから取り付け場所は慎重に選定しなければなりません。すぐに、発見できるような場所に取り付けるのは禁物ですし、かといって取り付けたあなた自身ですらバレースイッチを押してセキュリティ装置を解除するのに5分も要するようでは駄目です。

セキュリティ装置を解除するのに5分もかかれば、当然5分間アラームは鳴りっぱなしってことになります。アラームを止めるためにハイラックスサーフに乗り込んでバレースイッチを探しているあなたを第三者から見れば、その第三者にはアラームの鳴っているハイラックスサーフに乗り込んでゴソゴソとしている不審な人物、車上荒らしにしか見えないでしょう。

ですから、バレースイッチの取り付けに関しては慎重に行ってください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: VIPER 付属品の設置 バレースイッチ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/88