ショックセンサーの微調整をするが...

| トラックバック(0)

今回がVIPERセキュリティの取り付け編の最終回です。

VIPERの各動作確認ができたら、VIPERセキュリティの要となるセンサー部、ショックセンサーの微調整を行います。

ショックセンサーの微調整は重要で、センサーの感度を高くすれば風が吹いたり、ハイラックスサーフの側を人が横切ったり、ちょっと強い雨が降ったり、打ち上げ花火の衝撃波を受けたり、立体駐車場の上階にハイラックスサーを駐車したときにセンサーが衝撃や揺れを感知して大音量のアラームが鳴り響いてしまいます。

これらの例は実際に管理人が体験したことであり、ショックセンサーの感度が高ければちょっとしたことで誤動作を起こします。住宅密集地やマンションの駐車場、深夜などにアラームが鳴り響けば近所迷惑になります。

たびたびVIPERセキュリティが誤動作を起こすようでは信頼性に欠け、例え本当にいつも止めている駐車場でハイラックスサーフが車上荒らしや盗難の被害にあっていたとしても

「またか!」

ということになり誰もアラームのことなんか気にしなくなります。

誤動作を滅多に起こさなければ、アラームを聞いた近所の人が、

「なんだろうな?」

と気になって覗きにくるものです。盗難や車上荒らしの犯人は犯行の現場を第三者に目撃されるのを嫌いますから、即座に退散するはずです。

ですから、信頼を失わないように

ショックセンサーの感度はほどほどに!

かといって、ショックセンサーの感度が弱すぎても駄目です。感度が弱すぎていざっていうときにアラームがならなければVIPERセキュリティを取り付けている意味がありません。

参考までに、管理人は、

  • 第一段階(アラームとハザードランプの点滅で警告)
  • ハイラックスサーフの各ドアノブを引き、それから勢いよく放したときにVIPERセキュリティが動作する

  • 第二段階(大音量のアラームとハザードランプの点滅で威嚇)
  • ハイラックスサーフのボディをドンとたたいたときにVIPERセキュリティが動作する

程度にショックセンサーの感度を調整してます。これくらいの感度の調整で誤動作は1年に数回ある程度です。誤動作するときは、台風などで強風が吹いたときくらいのものです。

VIPERセキュリティのショックセンサーの感度調整を実施していくうちに、最後の段階になって問題が発生。

ショックセンサーはハイラックスサーフの中心部よりちょっと前方に設置していたのですが、どうも後側でのショックセンサーの反応が悪い!そこで、ショックセンサーの感度を高めたのですが、今度は前側が敏感に!

ハイラックスサーフのラゲッジルームには荷物を積んでいるし、背面タイヤのことも心配...

結局、VIPERとは別メーカーのショックセンサーをヤフオクで落札して、ショックセンサー2個体制で監視することにしたのです。中央部に付けていたショックセンサーは前側に移設し、ヤフオクで落札したショックセンサーを後側に設置。ショックセンサーの配線はパラ(並列)で接続、念のため回りこみ電流防止のためにダイオードを信号線に接続してやりました。

セキュリティ装置取り付け時の注意点

コンパクトカーなどのように車体の小さい車はショックセンサー1個でも問題ないのですが、ハイラックスサーフのような剛性の大きくて車体の大きいクルマにはショックセンサーが2個必要です。

(VIPERセキュリティ取り付け編 終わり)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ショックセンサーの微調整をするが...

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/93