ラテラルロッドとは

| トラックバック(0)

ラテラルロッドとは車軸(アクスルとも呼ぶ)の位置決めを行う突っ張り棒のことです。

ハイラックスサーフのようなコイルリジッド式の四駆は、アクスル(車軸)をスプリングのみで支えているので、アクスルの左右の動きを制限する突っ張り棒がなければユラユラと車体を左右に振れながら走行することになります。

ハイラックスサーフのラテラルロッド

ラテラルロッドは、ハイラックスサーフのフレームに固定された側を支点として、ハイラックスサーフのアクスルに固定された側が円弧移動しますので、スプリング(サスペンション)が上下に変動してもアクスルの位置を固定することができるのです。

しかし、ラテラルロッドは車体のフレーム側に固定された側を支点として円弧運動をしますので、ハイラックスサーフをローダウン仕様に改造した場合にはアクスルが支点とは反対側に、リフトアップしようにした場合には支点側にズレますので調整が必要となります。

2インチ程度のリフトアップではラテラルロッドの長さの調整は必要ありませんが、2インチ以上リフトアップする際にはラテラルロッドの交換が必要です。(ハイラックスサーフ標準搭載のラテラルロッドは長さ調整ができません。)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ラテラルロッドとは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/115