高知県本川村 長沢・大森川貯水池周辺の林道 その3

| トラックバック(0)

長沢林道をハイラックスサーフで15分ほど走行した頃だろうか、
林道の中央に落石を発見!

高知県本川周辺の長沢林道 その10

林道の路肩にある落石は避けれる場合がほとんどなのだが、林道の中央にある落石というのは結構厄介なのだ!落石をハイラックスサーフで跨いで通過すれば、最も低い位置にあるリアデフを強打する可能性があるし、かといってクロカン仕様でないハイラックスサーフで落石を乗り越えるにはリスクが大きすぎる...

今回はたまたま左側が広場みたいになっていたので迂回できたが、もし崖っぷちであったなら引き返していたでしょう!(あれぐらいの石なら退かすことは可能だが、腰を痛めてはいけないので...)

高知県本川周辺の長沢林道 その11

長沢林道の最初は平坦なダート路でしたが、しだいに砂利道に変わってきました。ダート路では、ミッションのギアをサードに入れて時速20kmから30kmで走行してたのですが、砂利道になってからはギアをセカンドに入れての時速20km以下の低速走行!

砂利道で急ブレーキを掛けるとズルズルズルと滑りやすいので低速走行が基本です。

高知県本川周辺の長沢林道 その12

今回の林道走行でこの場所が最大の難所でした。写真の撮り方が悪かったので分かりにくいとは思いますが、林道の右側は崖っぷち、左側と青丸の部分は大きく陥没!ハイラックスサーフではタイヤ1個分が陥没部分にはみ出してしまうので通行不可能。

引き返すことも考えていたのですが、帰るも地獄(方向転換するにはかなりの距離をバック走行する必要あり)、ということでしばらくどうするか考えていたら、右側の陥没部分を石で埋めてしまえば行けるかも!ということで早速修復作業を実行。

路肩の修復後、ハイラックスサーフを左側の陥没部分に落とさないように慎重に前進したがあまかった。右側のフロントタイヤは修復した陥没部分を破壊しながらも無事通過できたが、リア側のタイヤが陥没部分にピッタリとはまってしまい、いくらアクセルを吹かしても脱出できない。

ハイラックスサーフのトランスファをデフ直結のH4Lモードにして何とか脱出に成功。

今までの林道では、デフを直結しないH4モードで十分に走行できましたが、この長沢林道では何度かH4Lモードにしないと通過できないような悪路に遭遇しました。
高知県本川周辺の長沢林道 その13

これぐらいの大きさの石ころがゴロゴロしていると、ハンドルはとられやすいし、タイヤの接地面が少なくなるので滑りやすくなるし...

(続く)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 高知県本川村 長沢・大森川貯水池周辺の林道 その3

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/119