高知県本川村 長沢・大森川貯水池周辺の林道 その6

| トラックバック(0)

大森川貯水池の南側の林道を走行しておよそ30分、伊留谷林道の入口(だと思ったが、後日地図で確認してみると違っていた)に到達したが通行止めだったので今来た道をハイラックスサーフでえんえんと引き返す。

一度通った林道とはいえ、およそ25分要しました。

大森川に架かる橋の直前まで帰ってきたときに、対向車 日産エクストレイルに遭遇。林道で一番困るのが対向車に出会ったとき。軽自動車ならなんとか擦れ違えるくらいの道幅なのですが、お互いに普通車。対向車に橋のところまで下がってもらって一件落着。

高知県本川周辺の伊留谷林道 その6

大森川に架かる橋まで戻ってきてから、カーナビを操作して自宅までのルートを探してみたが見つかりません。

何故なんだ?

あとでカーナビの取扱説明書を見てみたらカーナビのマップの100mスケールで表示されている道しかルートの検索対象にならないらしい。この辺の林道は50mスケールでは表示されるが、100mスケールでは表示されないので自宅までのルートの検索ができなかったみたいです。

帰り道が分からないので、とりあえずハイラックスサーフを南東方向に向けて走らせました。

工事車両やダムの事務所らしき建物もあったので、この近くに舗装路に通じる支線があるだろうと思いながら...

だが、いくらハイラックスサーフを走らせても舗装路はおろか支線も見つかりません。

30分も出口を目指して走った頃だろうか?

今まで登り道だったのが、下り道になった頃、前方に白い車一瞬見えたような気が...気のせいかな?

数秒後、急ブレーキを踏む。そしてズルズルズルと滑りながら数メートル手前でストップ。

やはり対向車がいた。白いレガシィだ。

こんな山深い林道に車が走っているわけがないという先入観と、周りの景色に白い車体が溶け込んでたと言うこともあり気付くのが遅れたのだ。

薄暗くて見通しの悪い林道走るなら、前照灯ぐらい点けろ!

高知県本川周辺の伊留谷林道 その7

それからしばらくして、カーナビがピッピッピと反応。

ようやく自宅までのルートを見つけることができたようです。カーナビを見てみるとおよそ5km先で高知県の県道194号と合流。

帰り道が分かってほっと一安心!

2時間30分近くも休憩無しでハイラックスサーフを走らせてきたこともあり、ここらでちょっと休憩することに。

ハイラックスサーフから降りてみると、ボディーは茶色の水玉模様が一杯。
サイドステップも泥だらけ。帰りに洗車場に直行です。
(写真では分かりにくいですが、かなり汚れてました。)

高知県本川周辺の伊留谷林道 その8

長沢林道に突入して3時間後、ようやく県道194号線と合流している舗装路に到達。

帰宅してから、今日通った林道を調べてみると、後半以降は大森川渓谷だったようです。

この長沢・大森川貯水池周辺の林道には支線も多くあり、一日中遊べる林道だと思います。通行止めの箇所や、ちょっと危険な箇所もありますが一度四駆で走行してみてはいかがですか?

(高知県本川村 長沢・大森川貯水池周辺の林道編 終わり)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 高知県本川村 長沢・大森川貯水池周辺の林道 その6

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/122