四代目ハイラックスサーフ

| トラックバック(0)

2002年、都会的なスタイルに生まれ変わった四代目ハイラックスサーフ215型が誕生しました。

従来は悪路を走る四駆(四輪駆動車)というイメージが強かったハイラックスサーフでしたが、四代目は舗装路での運動特性が重視されたSUV(スポーツ多目的車)へと様変わりしました。それでも先代ハイラックスサーフからの定評ある悪路走破性は健在です。

また室内の狭さで不満だった5ナンバー車のボディからは完全に脱却し、3ナンバー車のボディへと一回り大きくなり快適な居住空間が確保されました。

  • 215系ハイラックスサーフ
  • サイズ;(全長)4770〜4805mm(全幅)1875〜1910mm(全高)1790〜1800mm

  • ディーゼル 3000cc
  • エンジン型式;1KD-FTV((直列4気筒DOHCターボ))
  • 最高出力;170ps/3400rpm
  • 最大トルク;35.9kg・m/3400rpm

  • ガソリン 2700cc
  • エンジン型式;3RZ-FE(直列4気筒DOHC)
  • 最高出力;150ps/4800rpm
  • 最大トルク;24.0kg・m/4000rpm

  • ガソリン 3400cc
  • エンジン型式;5VZ-FE(V型6気筒DOHC)
  • 最高出力;185ps/4800rpm
  • 最大トルク;30.0kg・m/3600rpm

  • ガソリン 4000cc
  • エンジン型式;1GR-FE(V型6気筒DOHC)
  • 最高出力;249ps/5200rpm
  • 最大トルク;38.8kg・m/3800rpm

新型ハイラックスサーフには三代目後期型(185型後期)からの1KD-FTV型ディーゼルエンジンが、ガソリン車にも前代からの3RZ-FE型エンジン(2700cc)と5VZ-FE型エンジン(3400cc)が搭載されました。

2005年のモデルチェンジの際にはディーゼルモデル及び3400ccモデルが廃止され、かわりに249馬力のV6エンジン 1GR-FE(4000cc)が投入されました。

ディーゼル派の管理人としては、環境にやさしく、そして燃費の良い新型ディーゼルエンジンの復活を願いたいものです。

※215系ハイラックスサーフの写真を募集中です。写真はこのコーナーに貼らせていただきます!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 四代目ハイラックスサーフ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/142