愛媛県の林道 木地奥林道(蒼社川沿い)

| トラックバック(0)

インターネット上の地図で見つけた道路は、東三方ヶ森の麓まで延びている山の中を走る林道。舗装路か未舗装路かはわかりませんが、ハイラックスサーフで走行してみました。

正確な林道の名称は分かりませんが、林道は蒼社川の源流沿いを通っています。

後で調べたら木地奥林道という名称でした。
木地奥林道 その1

この木地奥林道の起点は、松山市道後と今治市を結ぶ国道317号線にある水ヶ峠トンネルの今治市側にあります。水ヶ峠トンネルの手前150mほどに林道への進入路となる道路がトンネルの入口まで併走しています。進入路が分かりにくいので通り過ぎてしまうかもしれません。

木地奥林道 その2

進入路を通り抜けると1車線の細い道が続きます。急なカーブも多く、カーブの付近にはそり立つ崖も多いので、ハイラックスサーフクラスの車体の大きさになるとかなり運転に気を使います。

細い道の割には通行する車、自転車も多く、また晴れの日でも保安林が茂っているため薄暗く、対向車に直前まで気が付かない場合がありますので注意してください。管理人が通行した日にも2台の軽トラックとすれ違いました。

木地奥林道 その3

木地奥林道の進入路から3km、時間にして15分、期待の未舗装路が登場しました。

この未舗装路は湿潤しており、雨が降っていなくても水溜りが多いのが特徴です。足回りが泥だらけになる覚悟で通行してください。

木地奥林道 その4

水溜り自体も深い場合があり、調子に乗ってパンパン跳ねながら通行していると思わぬ衝撃を受ける場合があります。
水溜りの直前では減速したほうが無難でしょう!

木地奥林道 その5

未舗装路には突入して数分、通行禁止の柵が...
距離にして通行可能なダート路は1.5km程度。

この日は時間が合ったので、この木地奥林道を反対側(木地川沿い)から攻めてみることにしました。ハイラックスサーフをユーターンさせ、林道の反対側に向かってレッツゴー!

(木地奥林道(蒼社川沿い)編 終わり)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 愛媛県の林道 木地奥林道(蒼社川沿い)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/146