ハイラックスサーフのミッションオイル交換 その2

| コメント(3) | トラックバック(0)

ハイラックスサーフのミッションオイルが抜けたらとも洗いします。

とも洗いとはトランスミッション内部を洗浄する方法で、新しいギアオイルを注油口より注油することにより、ハイラックスサーフのトランスミッション内部に残った古いオイルや金属カスなどをオイルとともにドレン口より排出することです。

トランスミッション注油のため油差しの加工

今回、ギアオイルの注油には油差しを利用します。

オイルガンがあれば便利です。オイルガンはノズルが上向き方向でも注油できますが、油差しの場合はほとんど入りません。

管理人がホームセンターで買ってきた油差しは、ノズル部分が長くて邪魔になるので4センチ程度先端をカットしました。

油差しにギアオイル注油

油差しにギアオイルを入れます。油差しの容量は400cc、ハイラックスサーフのトランスミッションのオイル量は約2200cc、実際には油差しを横向きで使用するので1回で300cc程度の給油、したがって8回以上はオイルの補給が必要です。

ハイラックスサーフにミッションオイル注油

トランスミッションの注油口に100ccから200cc程度オイルを注入して"とも洗い"をします。

トランスミッションの注油プラグとドレーンプラグ

とも洗いで注入したオイルがほぼ抜けたらドレーンボルトを取り付けます。注油ボルトとドレーンボルトのガスケットは交換するほうが良いのですが、傷みもないので今回は再利用することに。

ガスケットの当たり面をきれいに拭いてドレーンボルトにセットし、ドレーンボルトを取り付けます。

もし当たり面が汚れているとオイル漏れの原因になりますのでご注意を!

ハイラックスサーフにミッションオイル注油

それから油差しでギアオイルを注入します。2200ccほどギアオイルを注入するとトランスミッションの注油口からギアオイルが溢れてきます。

注油口から溢れてくるまで注油したら注油プラグを閉めてトランスミッションのオイル交換は終了です。

最後に注油口とドレーン周辺をウエスできれいに拭いてください。

もし後日、注油口やドレーン周辺が汚れているようであればオイル漏れの可能性がありますので早急に点検してください。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ハイラックスサーフのミッションオイル交換 その2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/157

コメント(3)

いつもここのブログでサーフの知識を頂いております。一つお聞きしたいのですが、パワステのオイルは油抜きするのでしょうか??

パワステのオイルの油抜きとはオイル交換のことでしょうか?

パワステのオイル交換はやったことがないので詳しくは知りませんが、

?オイルをタンクからぬいて新しいオイルを入れる
?エンジンを掛けてハンドルをグルグルと回す。
?タンクからオイルを抜く

これを何回かしてオイルを入れ替えるそうです。
(注意;この方法はハイラックスサーフのパワステオイル交換方法ではありませんが、基本は一緒だと思います。)

エア抜きが完璧でないと、ハンドルを切ったときに波打ちをおこしたり、スムーズに回らないことがあるそうなので業者に任せるのが一番だと思います。

※上記に記した方法も個人の方が趣味でやられている方法なので、ご自分の責任でお願いします。

はじめましてm(__)m

燃費が悪かったものですから・・・・
HPを参考にさせていただきまして

私もエアークリーナーを変えてみました・・
それでも
よくて
7〜7.8/L位です(T_T)

また!お邪魔させていただきますm(__)m