ハイラックスサーフのデフオイル交換

| トラックバック(0)

今度は、ハイラックスサーフのリアデフのオイル交換です。

185型のリアデフはLSD付き、LSDなしの2種類あり、それぞれ使用するオイルも異なります。LSDとは差動制限デフ装置の略称のことで、ハイラックスサーフの後輪が空転したときにデフの動作を制限して空転を抑止する効果があります。

LSD付きのメリットは、二輪駆動時もしくはフルタイム四輪駆動時にリアタイヤの空転を抑止できる点ですが、オイル管理に気をつけなくてはいけないというデメリットもあります。(デフオイルもLSD専用のものでなければならない)まあ、後輪が空転してもデフを直結すれば関係ないのですが...

ハイラックスサーフのデフ

ハイラックスサーフ185型の場合、LSD付きデフであればデフにLSDというシールが貼られています。もしシールが剥げていてLSD付きかどうか不明の場合は、後輪二輪を持ち上げてどちらか一歩のタイヤを手で回します。反対側のタイヤが同じ方向に回転すればLSD付き、逆の方向に回転すればLSD無しとなります。

デフの位置は、ハイラックスサーフを後ろから見れば一目瞭然です。注油ボルト、ドレーンボルトもすぐに分かると思います。

注油ボルト、ドレーンボルトを外す前には、必ずウエスで周辺を拭いてください。リアデフはトランスミッションやトランスファーに比べて地面に近い高さに位置しており、砂やゴミなどが多く付着している場合があります。

その後、注油ボルトを外してからドレーンボルトを緩めます。どちらのボルトもサイズ24のラチェットで緩めれます。

ハイラックスサーフのデフ オイル交換

管理人のハイラックスサーフは、3年前にデフのオイルを交換したのですが、前回ほどは汚れていませんでした。今回抜いたオイルは、まだ透明度がありますが、3年前のは真っ黒でした。

デフのドレーンボルト

リアデフのドレーンボルトには磁石が付いており、金属カスなどの鉄分が付着するようになっています。磁石に付いた鉄分はきれいに拭きとってください。

デフオイルの給油

リアデフへの注油は伸び縮み自在ノズル付きのジョウゴを使います。

ドレーンを開けたまま注油口にジョウゴのノズルを差込み、とも洗いをします。オイルが抜けたらドレーンボルトを取り付け、デフオイルを注入します。

LSD用デフオイルは粘度が高くて流動性が悪いので、デフに入っていくのに結構時間が掛かります。

デフオイルの注油

1リットル入りのLSD用デフオイルを2缶と1/2注入すると、デフの注油口よりデフオイルが溢れてきます。ここまでデフオイルを入れたら注油ボルトを閉めてオイル交換は完了です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ハイラックスサーフのデフオイル交換

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/159