ハイラックスサーフに中古のタイヤを装着!?

| トラックバック(0)

ハイラックスサーフのパンクしたタイヤをどうするか、4本交換か、2本か、それとも1本にするかかなり悩みました。

対応策として最適なのはパンクしたタイヤを修理することですが、パンクの原因となった傷はタイヤのサイドウォールにあり修理は不可能です。

サイドウォールという部分はたわみなどにより非常に強い負荷がかかるので修理できないというのが一般常識!

でも本当にそうなのでしょうか?

いろいろ調べていると、焼付け修理と呼ばれるタイヤの修理方法があることがわかりました。

焼付け修理というのはパンクした部分に熱と圧力をかけて生ゴムを埋め込む修理方法のことで、サイドウォールの場合でも修復可能な場合があるとのことです。料金も新品タイヤを買うよりかなり安いのですが、この焼付け修理ができる店(タイヤショップ)が近くにないのであきらめるしかありません。

ショップを何件か回ってパンクしたタイヤと同メーカーの中古タイヤを探してみたのですが、店員の話では四駆(SUV)用タイヤはなかなか入らないとのこと。

ヤフオクで探してみると、同メーカーのタイヤ1本が7000円であったのですが新品なので入札までいたらず。ヤフオクでGRANDTREKの中古タイヤ LT265/75Rが出品されるまで待つという方法もありますが、待っている間にタイヤがパンクしたらと考えるとこの案も却下。

やはり新品タイヤに交換するしかなさそうです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ハイラックスサーフに中古のタイヤを装着!?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/169