愛媛県の高縄山に宝坂谷経由で行く その1

| トラックバック(0)

高縄山は愛媛県の北部にある標高986mの山です。高縄山へは車で行くことができ、一般的に北条側の国道196号線からアクセスするルートと、奥道後側の国道317号線からアクセスするルートが有名です。

あまり知れてていませんが、愛媛県の玉川湖と旧北条市(松山市)を結ぶ県道17号線から宝坂谷経由でアクセスするルートもあります。

今回は玉川湖沿いを通る国道317号線から県道17号線に入り、立岩ダム付近の支線から宝坂谷経由で高縄山の頂上を目指します。一応、今回の林道走行の目的はハイラックスサーフでのオフロード(未舗装路)走行ではなくて雪道走行です。

1月中旬に降った雪の塊がまだ路肩に残る県道17号線を走ったのは、1月下旬の週末のことです。普段は集落を抜けるとほとんど交通量のない県道17号線ですが、この日は数台のクルマと擦れ違いました。

普段なら何ともない対向車との擦れ違いですが、路肩には雪の塊(大きいもので50cm大)があるのですれ違いにも一苦労。"かたい"か"やわらかい"かもわからない雪の塊にハイラックスサーフで突進する勇気はないので、結局は狭い1車線の道をバックせざるをえませんでした。

今治市と松山市の境目である笹ヶ峠を抜けて3km程度先にある、金蓮寺手前のT字路を左折、立岩米之野の集落を通る細い道(林道)が高縄山まで伸びています。

愛媛県の林道 高縄山付近の宝坂谷 その1

集落を抜けて5分程走行すると山肌に雪が、さらにハイラックスサーフでどんどんと上っていくと路面に厚さ数センチ程度の積雪がみられました。(この林道は残念ながら全面舗装されています。)

愛媛県の林道 高縄山付近の宝坂谷 その2

ノーマルタイヤのハイラックスサーフで、のしのしと新雪の上にタイヤ痕を付けながら高縄山頂上を目指します。

愛媛県の林道 高縄山付近の宝坂谷 その3

一部の路面が凍結していますが、ノーマルタイヤでも高縄山の頂上まで上がれそうです。コーナリングテクニックの基本中の基本 スローイン・ファーストアウトを心掛ければカーブでも大丈夫でしょう!

雪道においてはカーブの直前で十分に減速し、カーブではアクセルを少し踏んで常にタイヤにトルクをかける運転方法 スローイン・ファーストアウトが基本です。また、下り坂ではブレーキを踏むとタイヤが滑る場合がありますので、なるべくソフトな制動力が得られるエンジンブレーキで十分に減速してからブレーキを踏んでくださいね!
愛媛県の林道 高縄山付近の宝坂谷 その4

雪はほとんどありませんが、路面は凍結しています。登り坂でハイラックスサーフの後姿を撮影したのですが、ドアを開けて靴が地に着いた途端につるっと...滑っていません。滑りそうになりました。

(続く)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 愛媛県の高縄山に宝坂谷経由で行く その1

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/187