林道走行講座 下り坂の場合

| トラックバック(0)

林道の下り坂突入時にも注意が必要です。

林道の走行(下り坂 その2)

運転席が高い位置にあるハイラックスサーフのような四駆車の場合には、目線の位置が高くなるので視界が広いと思われるかもしれません。
しかし現実には遠くはよく見えますが、ボンネットが邪魔をして近くはよく見えません。

下り坂の手前に落石や倒木等の障害物などがあった場合、坂の傾斜の角度または路面や地形の状況によっては直前まで進まないと見えない場合があります。

ですから下り坂に進入するときには、ブレーキを踏んだらすぐに止まれる程度のスピードで進入することをおすすめします。

林道の走行(下り坂 その1)

下り坂に進入するときには路面の状況によりギアを2速(セカンド)もしくは3速(サード)にダウンします。フラットな路面では3速(サード)でも良いのですが、落石があったり路面の起伏の激しいところでは2速(セカンド)までギアをダウンしたほうが無難です。

坂道を下り始めたらエンジンブレーキを効かせて進みます。スピードが出すぎたらタイヤがロックしない程度にブレーキを踏んで、スピードを調整します。

ディーゼル車の場合、エンジンブレーキが効いている間はディーゼルエンジンに噴射される燃料がカットされますので 燃料の節約(燃費の向上)につながります。

ABS機能付きの四駆車の場合ですと、急ブレーキを掛けるとABSが作動することがあります。ABS作動中は、作動音とブレーキを踏んでいる足に伝わる振動(違和感)にビックリするかもしれませんが、クルマが故障したわけではありませんからね!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 林道走行講座 下り坂の場合

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/200