高知県の林道 弘沢林道 その2

| トラックバック(0)

国道194号線に入った頃に降り始めた雨も、寒風山トンネルを抜けて高知県入りする頃にはやんだのですが、ハイラックスサーフで弘沢林道に近づくにつれて雨がぱらつきはじめました。

楠馬トンネルの中です。ハイラックスサーフ1台が十分に通過できる幅があるのですが、壁面が剥き出しになっているため、思った以上に窮屈に感じられます。
ちなみにトンネル内は舗装されていません。

楠馬トンネルを抜けると、そこからは未舗装路です。車1台がそこそこのスピードで走行できるだけの幅員があり、路面は砂利道です。弘沢林道はよく整備されており、平坦な路面が続きます。

ここにハイラックスサーフを止めて小休憩!ここまでの走行距離は100kmオーバー、しばしの休憩です。

ふと、斜面を見上げると...

大きな石が!

木の根元でかろうじて止まっている感じです。何かのはずみで転がってきたらハイラックスサーフの側面に激突なので、さっさと車を移動!

心地よい水のせせらぐ音が聞こえてきそうです。

勾配が緩やかなダートが続く森林の中を突き進みます。

走りやすい路面のおかげでスピードを出しがちになります。見通しの悪いヘアピンカーブも多いので、カーブの手前では十分に減速しましょう!

霧が発生し、眼下の景色を楽しむことはできないみたいです。

雨も本降りになってきました。雨が降ったら林道走行を断念するつもりでいましたが、ここまで来たら引き下がれません。路面の崩壊や落石ひとつも見当たらない弘沢林道、多少の雨程度なら気にせず快適に走行できそうです。

霧が濃くなってきたのが気になります。ハイラックスサーフにフォグランプは装着していないので、これより霧が濃くなって視界が悪くなるようであれば下山も考えなければなりません。

ダートに突入しておよそ6.5km先の分岐路です。右に進めば槇峠 (弘沢林道)、前方に進めば若山林道です。若山林道は途中で二ヶ所に分かれ、一方は飛龍の滝付近まで延びています。今回はちょこっと若山林道に寄り道してみます。

(高知県の林道 若山林道編に続く)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 高知県の林道 弘沢林道 その2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/213