2008年9月アーカイブ

初代ハイラックスサーフ60系の誕生から来年で25年、巷ではハイラックスサーフの国内販売終了とかフルモデルチェンジとかさまざまな噂が流れています。

その噂とは、国内でのハイラックスサーフの生産は終了し、北米向けの4Runner(フォーランナー)のみが販売されるというものです。国内では小型・中型SUVであるRAV4やエクストレイルなどの需要が増え、大型SUVに分類されるハイラックスサーフは人気が低迷し、販売台数の減少が原因のようです。

TOYOTA(トヨタ)からはランドクルーザーの派生であるプラドとハイラックスサーフが同位置的な存在として販売されていますが、人気のある高級志向のプラドに一本化され、ハイラックスサーフの国内投入はなくなります。なお両車両ともに来年度にフルモデルチェンジされますが、ハイラックスサーフは北米向け仕様のため国内では販売されません。

2007年度におけるハイラックスサーフの登録台数が約6800台、プラドの登録台数が約1万7000台(ランドクルーザーを含む)ですからプラドの方がいかに人気が高いかお分かりいただけるかと思います。登録台数を見ても圧倒的にプラドの方に軍配が上がりますから、売れるかどうかも分からない次期モデルを国内投入するよりかは、人気のある海外(北米)に市場を絞ったほうがコスト的にも効率が良いのです。

国内で販売されないのなら逆輸入をする手もありますが、北米使用の現行型4Runner(フォーランナー)は排気量が V6 4000cc と V8 4700cc エンジンで原油価格高騰の現在においては不経済、さらに車両価格のほかに輸送料や各種手数料で100万円以上は別途必要になります。

1990年代初頭のRVブームの火付け役となったハイラックスサーフですが、これも時代の流れで仕方がないのです


以上がネット上で流れている次期ハイラックスサーフの動向です。他にも、新型ディーゼルエンジンが投入されて国内販売されるとか、次期フルモデルチェンジでハイラックスサーフの生産中止とかの噂がありますが真偽のほどは不明です。

※これらの情報はネット上での噂です。TOYOTAの広報から発表されたものではありませんのでご注意を!

半年ぶりの企画ですが、またまたハイラックスサーフ130、185、215型における中古車の価格帯を調査してみました。

130型
  • 走行距離5万キロ以下
  • ディーゼル車 ~80万
  • 10万キロ以下
  • ディーゼル車 ~80万
  • 10万キロ以上
  • ディーゼル車 ~45万

185前期型
  • 5万キロ以下
  • ガソリン車 60~130万
  • ディーゼル車 60~140万
  • 10万キロ以下
  • ガソリン車 50~120万
  • ディーゼル車 60~130万
  • 10万キロ以上
  • ガソリン車 40~80万
  • ディーゼル車 60~100万

185後期型
  • 5万キロ以下
  • ガソリン車 100~160万
  • ディーゼル車 120~190万
  • 10万キロ以下
  • ガソリン車 60~140万
  • ディーゼル車 120~180万
  • 10万キロ以上
  • ガソリン車 50~120万
  • ディーゼル車 100~150万

215型
  • 5万キロ以下
  • ガソリン車 150~280万
  • 10万キロ以下
  • ガソリン車 150~230万

今回、はじめてハイラックスサーフ60型が中古車市場に出回っているのをみつけました。今から20年前の四駆にもかかわらず価格は50万円前後、希少価値があるのか130型の平均的中古車価格よりは高いようです。

ハイラックスサーフ130型のガソリン車に関しては今回も発見できず、入手は難しくなったようです。でも、まだまだ130型ディーゼルは現役でバリバリと走っています。

今回の調査においては、185型前期及び後期のガソリン車の価格が半年前と比較してガクンと下がっており、ディーゼル車より圧倒的にガソリン車の玉数が増えています。前期型ディーゼルに関しては車両価格100万円前後、後期型ディーゼルについては150万前後のがゴロゴロ!数年前と比較するとかなり買いやすい価格となっています。

この最近ちょくちょくと見かけるようになったハイラックスサーフ215型です。この215型については5年落ちであれば150万ちょっとから、ディーゼル車に関してはガソリン車に比べて絶対数が少ないので1台も発見できず。価格帯調査に関しては以上です。

弘沢奥大野越林道を抜け、今回走行する最後の林道「奥大野越・東谷大森川林道」にハイラックスサーフで乗り入れます。

奥大野越・東谷大森川林道 その1

弘沢林道を走行する直前に降り始めた雨も奥大野越・東谷大森川林道に入る頃には完全にやみ、太陽の日差しが強くなってきました。心配していた霧もはれ、これでようやく安心して林道を走行できそうです。

林道でハイラックスサーフを撮影 その1

奥大野越・東谷大森川林道は大き目の砂利がごろごろしている未舗装路、さらに弘沢奥大野越林道側から県道293号線に抜ける場合には勾配のきつい下り坂となります。ですからタイヤのグリップ力が低下し、滑りやすい路面となっています。

林道でハイラックスサーフを撮影  その2

途中で年配のご夫婦が乗ったTOYOTA キャミと擦れ違いました。今回林道で擦れ違った唯一のクルマです。道幅もそこそこあるため、管理人がハイラックスサーフをちょこっとバックさせてなんなく通過!

奥大野越・東谷大森川林道 その2

今日の林道走行ではじめての落石箇所です。今回走行した林道はかなり整備されているため、路面の崩壊といった危険箇所は全くありませんでした。

奥大野越・東谷大森川林道 その3

林道の後半はダートです。
直線箇所も多いため結構スピードを出して走破できます。

奥大野越・東谷大森川林道 その4

奥大野越・東谷大森川林道に進入しておよそ25分(距離にして6.1km)、舗装路に到達しました。ここで未舗装路は終了みたいです。

奥大野越・東谷大森川林道 その5

舗装路のすぐ側は三叉路になっており、左手はきれいに舗装された道、右手は狭い未舗装路となっています。

奥大野越・東谷大森川林道 その6

左手に進みたいところですが1km先で通行止めだそうです。(後で自宅に戻ってこの先を地図で調べてみたのですが、どこにもつながっていませんでした。)

奥大野越・東谷大森川林道 その7

林道を抜けるには右手に進むのが正解です。右手は未舗装路ですが、未舗装路区間はたったの数十m、ここを進むと県道293号線に抜けれます。

林道走行を終了直後のハイラックスサーフ

これにて高知県の本川村、大森川湖周辺南側の林道走行レポートは終了です。

今回の未舗装路の走行距離は22.6km、走破時間は1時間45分でした。(デジカメで撮影しながらの林道走行なので、本当なら20~30分程度は短縮できるはずです。)

舗装路に出ると同時に、折りたたんでいたハイラックスサーフのダイバーシティアンテナを展開!林道は木の枝がかなり張り出しているため、ラジオのアンテナ等は収納しておくのが無難です。運が悪いと木の枝に引っかかって折れてしまいますよ!

弘沢林道に戻って次の林道 高知県の弘沢奥大野越林道を目指します。

弘沢林道 その1

弘沢林道の終点から1km程度手前に槇峠があります。
槇峠の前後は視界が悪いので運転には要注意!

弘沢林道 その2

弘沢林道の未舗装路をハイラックスサーフで走行すること約9km、この分岐点が弘沢林道の終点となります。ここから右手に進めば弘沢奥大野越林道に、左手に進めば大森川貯水池に行けます。

弘沢奥大野越林道 その1

路面はフラットです。分岐を過ぎた辺りからは視界も開けてきます。

ハイラックスサーフのカーナビ

大森川貯水池および長沢貯水池の周辺には多くの林道があるので合流点・分岐点もたくさん、ハイラックスサーフのカーナビも今回ばかりは大忙しです。

弘沢奥大野越林道 その2

弘沢奥大野越林道の終点です。この林道は距離も3km程度と短かく、10分もあれば走破できます。

弘沢奥大野越林道 その3

右手も左手も奥大野越・東谷大森川林道です。つまり奥大野越・東谷大森川林道の三叉路が弘沢奥大野越林道の終点となります。左手に進めば大森川貯水池の大森川ダム方面に、右手に進めば高知県道293号線に出ます。今回は右手に進みます。

(奥大野越・東谷大森川林道編に続く)

高知県の若山林道は弘沢林道の三叉路からアクセスできます。若山林道は三叉路のおよそ2km先で2方向に分岐しています。

高知県の若山林道 その1

若山林道の最初のほうは道幅が狭くなっていますが、路面はフラットで走りやすいダートです。

高知県の若山林道 その2

雨も本降りになってきました。水溜りが多く、ハイラックスサーフから降りて写真を撮るのも一苦労!

高知県の若山林道 その3

若山林道に入っておよそ10分、2.3km先で通行止めです。
飛龍の滝側の林道はゲートにより封鎖されています。

高知県の若山林道 その4

ゲートの近くには方向転換するだけのスペースがありません。ハイラックッサーフをバックさせること数分、カーブのちょっと広くなったところでようやく方向転換!

一旦分岐路まで戻り飛龍の滝とは反対側の林道を走行しようとしたのですが、ちょっと進んだ先で林道作業車が道を塞いでいたため、今来た道を逆戻りして弘沢林道に合流します。

(弘沢奥大野越林道に続く)