ハイラックスサーフのオイルエレメント交換 その2

| トラックバック(0)

ハイラックスサーフのオイルエレメントを取り外しましたので、次は新品のオイルエレメントを取り付けます。

オイルエレメントの取り外し

オイルエレメントの取り付け前に、取り付け面(上記写真の矢印を参照)をきれいにウエスで清掃します。この取り付け面の清掃は大事で、この部分が汚れていたり異物が付着しているとオイル漏れの原因となります。

取り付け面とオイルエレメントのOリング(パッキン、ガスケットとも呼ぶ。下記写真の矢印を参照)がピッタリと密着してオイル漏れを防いでいます。もしこの部分に異物が付着しているとどうなるか想像できますよね!
オイルエレメントのOリング

次に、オイルエレメントのOリングにエンジンオイルを薄く塗ります。これはオイルエレメントのOリングと取り付け面との密着性を高める同時に、新しいオイルエレメント取り付けの際に摺り合わせ面でOリングがよじれないよう摩擦力を減らすという役割があります。

ハイラックスサーフにオイルエレメント取り付け

オイルエレメントを手でゆっくりと時計方向に回転させながらハイラックスサーフに取り付けます。オイルエレメントのOリングが取り付け面に接触して抵抗を感じ始めたらカップ型レンチを用いて締め付けます。

オイルエレメントの締め付け その1

オイルエレメントの締め付けトルクは決まっていますので、カップ型レンチで緩まない程度に締めたら良いというわけではありません。締め付けトルクはオイルエレメントの側面やパッケージに記載されていますのでよく確認してください。普通はOリングが取り付け面に当たってからさらに3/4回転専用工具で締め付けると記載されているはずです。マジックなどで印を付けておくと回転数がよくわかりますよ!

オイルエレメントの締め付け その2

カップ型レンチを用いてオイルエレメントを規定の3/4回転締め付けます。3/4回転を超えて締め付けると、次回の交換時に固くて外れないということになりますので締め付けトルクは厳守してください。

それからエアフィルター・ケースを取り外した順番とは逆に取り付けていきます。これでハイラックスサーフのオイルエレメント交換作業は終了です。

次はディーゼルエンジンに新しいエンジンオイルを注入します。エンジンオイルは6.5~6.7リットル程度入るはずです。(エンジンオイルの交換作業についてはこちらを参考にしてください。)

それからハイラックスサーフのエンジンを1、2分程度運転します。(オイルエレメント周辺からのオイル漏れがないか良く確認してください。)エンジンオイルが新しく取り付けたオイルエレメント内を循環&浸透してエンジン内のオイル量が減少しますので、その分だけのオイル量を補給します。補給するオイル量は0.5~0.7リットル程度です。

今度はエンジンをかけてしばらく放置(3分以上)して、エンジンを止めて下さい。エンジンを止めてから5分後、もう一度オイル量を確認してください。不足していればオイルを補給して下さい。これで全ての作業は終了です。

ハイラックスサーフ 185前期型ディーゼルエンジンのオイル及びオイルエレメント交換時には、エンジンオイルが約7.2リットル必要です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ハイラックスサーフのオイルエレメント交換 その2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/220