2008年11月アーカイブ

今まで管理人がストックしていた最後の林道ネタとなります。

今から3ヶ月前の8月下旬に、愛媛県四国中央市 法皇スカイライン周辺にある林道をハイラックスサーフで走行してきました。法皇スカイラインの周辺には観音谷線や高野線、七々木線などといった林道があり、
観音谷線 - 法皇スカイライン - 七々木線
は林道ライダーや四駆オーナーの間ではよく知られたコースとなっています。

今回はハイラックスサーフで林道 観音谷線および七々木線を走行する計画だったのですが、結果的には七々木線の入口がわからず、観音谷線、法皇スカイライン、虫仏山線、馬瀬線及び高野線の走行となりました。

観音谷線の案内看板

観音谷線の起点は四国中央市寒川町の松山自動車道の高架付近、県道126号線沿いにある新長谷寺の横から始まります。高速から観音谷線にアクセスされる方は、松山自動車道 土居ICを降りて国道11号線を東(川之江方面)に進んだ方がよいでしょう!

林道の起点には観音谷線の案内看板があります。看板には幅員3m、延長3.8kmと表示されています。

観音谷線の入口付近

観音谷線は舗装路から始まります。この最近は舗装化が進んでいるという噂のある観音谷線ですが、まだ未舗装路はあるのでしょうか?

観音谷線の道中にある看板

案内看板によると左手は法皇スカイライン方面、右手は新長谷寺への迂回路となります。管理人が走行したときには迂回路から降りてくる観光客が2組程いましたので、歩行者には注意してください。ここから先は集落や民家などありませんので、通行人や通行車両はないでしょう!

観音谷線の未舗装路

未舗装路の始まりです。砂利の路面ですが、荒れてはいません。

コンクリートの舗装がされています。断続的ですが舗装化は進んでいるようです。

観音谷線で撮影したハイラックスサーフ

森林もほどよく管理されており、時折視界が開けます。

路面も荒れていないので、ハイラックスサーフを四輪駆動にすることなく通過できそうです。

管理人がハイラックスサーフ185型(KZN185W)に乗り始めて4年、燃料である軽油の領収書もたまりにたまったのでこの機会に統計を取って処分することにしました。以下が過去4年間にハイラックスサーフに給油した軽油の量と軽油の単価、そして支払った金額です。

ハイラックスサーフの燃料代と給油量

4年間の給油回数は54回、平均すると月1回の給油です。(ハイラックスサーフの購入当初は月2回の給油ペースでした。)軽油単価の最安値は91円、最高値は163円、平均単価は117円といったところです。

4年間の走行距離は26667km、その期間の給油量が2830リットルですから、ハイラックスサーフの燃費は、

26667km / 2830リットル = 9.42 km/リットル

軽油1リットルでおよそ9.4km走行できたという計算になります。