2009年2月アーカイブ

昨年の11月から掲載をはじめた林道観音谷線・高野線のハイラックスサーフ走行記も今回でやっと最終話です。実際に走行してから既に半年も経過、薄れゆく記憶をたどりながらの完結です。

林道の真ん中付近

豊受山 登山口付近の傾斜のきつい下り坂より先は比較的荒れていた林道高野線ですが、ハイラックスサーフで前進するにつれて道が開けてきました。行き止まりも覚悟していたのですが、この感触ではどこかにつながっているかも!

ハイラックスサーフで高野線を走行

1車線の幅員しかなかった林道も1.5車線ほどの広さに!狭い林道なので若干緊張しながらハイラックスサーフを運転していたのですが、ハンドル操作にも余裕が出てきました。

林道の後半部分

高野線の後半部分はなだらかな傾斜の下り坂が続きます。

高野線の簡易舗装

簡易舗装の道です。林道の終点に近づいたみたいです。

林道高野線の終点

高野線の起点から走ること10km、ようやく終点に到着しました。終点は四国中央市の豊岡団地付近、観音谷線の起点より直線距離で1300mほど西側となります。

高野線の走破時間は45分。(デジカメで撮影しながらです。)久しぶりに楽しく林道走行を楽しめました。

(愛媛県の林道 高野線編 終わり)