ハイラックスサーフにデイライトを取り付け 配線について

| トラックバック(0)

以下に管理人がハイラックスサーフにデイライトを取り付けたときの配線図を示します。

デイライトの配線図

ハイラックスサーフの振動により自動でデイライトをオンオフする場合は、バッテリー側の回路を参照に配線をし、橙色(オレンジ色)のコード先端はビニールテープ等で絶縁処理を行います。

また、スイッチによりデイライトをオンオフする場合は、LED付きロッカスイッチ側の回路を参照に配線を行い、赤色のコード先端を絶縁処理します。

ポジションランプ(車幅灯)またはヘッドライト点灯時にデイライトをオフにしたい場合は、バッテリー電源の赤色コードまたはLED付きロッカスイッチより振動センサー側にb接点付きのリレーを割り込ませます。リレーの電源はイルミネーション電源より取り、b接点に赤色コードまたは橙色(オレンジ色)を割り込ませます。
※b接点(リレーの電源がオフのときにオン、オンのときにオフになる接点)

これにより、ポジションランプ(車幅灯)またはヘッドライトを点灯した時にイルミネーション電源よりリレーに電源が供給され、通常はオン状態であるリレーの接点がオフになり「振動センサーに電源が供給されない」=「デイライトが点灯しない」ということです。

勝手ながら、デイライトをリレーによりオフにするための配線図については省略します。(以上)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ハイラックスサーフにデイライトを取り付け 配線について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/255