愛媛県の林道 町道大野ヶ原線(父二峰林道) その2

| トラックバック(0)

久万高原町の町道大野ヶ原線(父二峰林道)をハイラックスサーフで走行して30分、そろそろ林道の中盤付近に到達です。

深い轍を通過するハイラックスサーフ

ここまでの路面はフラットでしたが、轍がだんだんと深くなってきました。最低地上高のある四駆車以外の方は通行を控えたほうがよさそうです。轍を避ければ通行できないこともないのですが...

工事中により通行止め

中野林道との合流点から3km先で工事中です。どうやら林道脇に水路(排水溝)を設けているようです。油圧ショベルが林道をふさいで、ハイラックスサーフは通過することが出来ません。

現場の作業員の方に「こんにちは、通れませんよね!」と尋ねてみると、「この先に行かれますか?しばらくお待ちください」とのこと。
通行不可の回答を予想していた管理人は手前の中野林道との合流点まで引き返すつもりでいたのですが...

数分待てど工事は続行中。5分程度経過したころ油圧ショベルが作業を中断。前方に姿を消し、これでようやく通行できるかと思っていたのですが、今度はダンプカーが入ってきて再び油圧ショベルが出現。作業が再開され、油圧ショベルはダンプカーに積載された鉄板を林道に敷き詰めている??

遊びで通行しているハイラックスサーフ1台のために、通り道まで確保していただき感謝感謝です。一言お礼を言い、再び町道大野ヶ原線の走行を開始したのは、足止めされてから十数分後のことです。

父野川林道との合流点付近

先程の工事現場から走ること1kmちょっと、三叉路に到達です。カーナビで確認してみると、左手側が ほうじが峠に続く町道大野ヶ原線、右手側が父野川林道のようです。右手側のルートにタイヤ痕が多く付いているので、こちら側が本線かと思ったのですが、どうやら違っていたようです。先程の工事関係車両は父野川林道側を利用しているみたいです。

中野林道との合流箇所

走ること900m、再び三叉路です。ここが中野林道との合流点です。上記写真ではわかりにくいですが、左に進めば中野林道、つまり既に通過した父野川林道に戻るわけです。ほうじが峠は右側のルートを選択します。

町道大野ヶ原線の終盤

林道の終盤は前半部分より比較的長めの直線が続きます。
いよいよ林道走行も残りわずかというところで再び難関が!

林道をふさぐ倒木

1本の倒木が林道をまたぐように倒れています。
倒木の下をハイラックスサーフが潜れば通過できそうですが...
(次回に続く)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 愛媛県の林道 町道大野ヶ原線(父二峰林道) その2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/260