ハイラックスサーフへのETC車載器 設置完了

| トラックバック(0)

ETCのアンテナはハイラックスサーフのフロントガラスに貼り付けれましたか?あとはETC車載器の電源確保と設置です。

ETC車載器の裏面

ETC車載器は両面テープを使用して固定しますので、付属の両面テープをETC車載器の裏面に貼り付けます。

DINサイズ用ポケットへETC車載器貼り付け

両面テープのシールを剥がしてDINサイズ用ポケットに貼り付けます。

ETC車載器の配線

DINサイズ用ポケットにうまく貼り付けるには、両面で固定する前にETCアンテナコードと電源コネクタをあらかじめ挿しておきます。DINサイズ用ポケットには小さい穴しか開けていませんので、両面テープで固定後にコネクタを挿すのは一苦労ですよ!両面テープでの固定前に前もってコネクタを挿しておきましょう!

ブラケットへアース線の取り付け

後は電源の確保です。電源はアクセサリ電源から取ります。アクセサリ電源はシガーソケットやセンターコンソール裏にあるオーディオ・カーナビ用のコネクタから取ると便利です。アースはどこでもいいのですが、管理人はオーディオ・カーナビ固定用のブラケットに端子で固定しています。

あとはDINサイズ用ポケットをセンターコンソールに配置してETC車載器の設置完了です。

ハイラックスサーフへのETC車載器設置状況

ETC車載器の設置が完了したら、最後に動作確認をします。動作確認にはETCカードが必要です。

ハイラックスサーフを運転してお近くの高速道路のETCゲートを通過します。ETCゲートの通過前に必ずETC車載器にETCカードを挿入しておいてください。

ETCゲートにはハイラックスサーフがすぐに止まれる速度(20km以下)で進入してください。ETCアンテナの設置不良やETC車載器の初期不良でゲートがうまく開かなかった場合には、ゲートに激突&ハイラックスサーフの修理代が発生しますよ!(ちなみにETCゲート(開閉バー)を壊した場合、弁償の責任が発生するそうです。)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ハイラックスサーフへのETC車載器 設置完了

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/550