高知県の林道 楮左古小檜曽林道 その3

| トラックバック(0)

今回は「楮左古小檜曽林道」編の最終話です。前回までは未舗装路にハイラックスサーフで入って約40分間の走行記録を書きましたが、今回は完結編となります。

青色のデイランプを点灯させたハイラックスサーフ

豊水峠手前にある高坂山登山口まで来ました。この頃には雨脚も強まり、霧も一層 濃くなってきました。

上り勾配の切通し

登山口から豊水峠へ向けて、ハイラックスサーフで上り勾配の切通しを駆け上がります。路面には多数のタイヤ痕が見られます。

この時で100m先は全く見えません。前方視界は50m以下ってところでしょうか?

林道脇に置かれた重機

ここに重機(油圧ショベル)があるということは何らかの工事、もしくは営林作業が行われているということです。これで峠の手前のタイヤ痕の正体がわかりました。

楮左古小檜曽林道の豊水峠付近

豊水峠は山の斜面を横切るコースです。ますます霧は濃くなり、20m先が見えかねています。引き返そうにもダートに突入して1時間弱 経過、半分以上 走破しているのか、林道終点に近づいているのかも分かりません。

この辺りに来るとカーナビにもルートはなく、ハイラックスサーフが今 どこを走行しているのかもわかりません。カーナビのマップを広域にして、おおまかな位置がわかる程度です。したがって楮左古小檜曽林道の終点までの距離や到着予想時刻も不明です。

路面が荒れはじめた林道

峠を過ぎると路面は荒れはじめ、こぶし大の石がゴロゴロしています。また、いたるところに落石も見られます。

路面状況の確認&写真撮影のためハイラックスサーフから降りると、ゴムが焦げるような匂いがしてきました。匂いの発生源はタイヤハウス周辺のようです。オイル漏れ、ブレーキ関係のトラブルを危惧しましたが、どうやらタイヤのようです。タイヤにもかなりの負担がかかっているのでしょうか?

楮左古小檜曽林道の崩落個所

こぶし大の石がゴロゴロしている路面を走ること5分、林道が崩壊している地点に到達しました。路面の無事な部分は2メートルちょっとです。林道右脇の積みブロック 右側10センチのギリギリを通過できれば、何とか通り抜けできそうです。

ハイラックスサーフの左側タイヤは崩壊箇所すれすれを通ります。もしタイヤの通過時に崩壊箇所が崩れたなら、自力での脱出は不可能でしょう。車体をブロックに擦る覚悟で突き進む覚悟でしたが、崩壊した箇所を通過する寸前で恐怖を覚え、撤退しました。

ここまでの所要時間は約1時間、また楮左古小檜曽林道を1時間かけて戻らなければなりません。余談ですが、帰りに少しスピードを出しながら林道を下っていたら、見通しの悪いカーブで対向車のトラックと衝突しそうになりました。お互いにヘッドライトをつけていましたが、濃霧のため直前まで気が付きませんでした。皆さん、林道では安全運転に心がけてください。(終わり)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 高知県の林道 楮左古小檜曽林道 その3

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://ken-kaku.com/mtos/mt-tb.cgi/596