年間維持費

自動車税

| トラックバック(0)

そろそろ自動車税の季節になります。管理人は、この時期が嫌です。自動車税の後は、車検、その後は、任意保険とお金が消えていくからです。

車を所有している限り、避けては通れないのが自動車税です。

  • 軽自動車
    7200円
    自家用車
  • 1000cc未満 ; 29500円
  • 1000cc〜1500cc ; 34500円
  • 1500cc〜2000cc ; 39500円
  • 2000cc〜2500cc ; 45000円
  • 2500cc〜3000cc ; 51000円
  • 3000cc〜3500cc ; 58000円
  • 3500cc〜4000cc ; 66500円
  • 4000cc〜4500cc ; 76500円
  • 4500cc〜6000cc ; 88000円
  • 6000cc超 ; 110000円

おそらく、四駆ディーゼル車に乗っている方は、毎年
51000円から76500円程度
の自動車税を払っているのではないでか?

また、自動車税のグリーン化法により、初年度登録から

ガソリン車 13年
ディーゼル車 11年


経過した車は、自動車税が1割増しになりますから注意が必要です。

※実は、管理人の愛車も初年度登録から11年経過しましたので、今年から自動車税が1割増かと思っていました。調べてみたら、平成8年3月31日までに登録されたディーゼル車が適用になるみたいなので、1割増しは来年からです。管理人の初年度登録は平成8年6月でした。自動車税の納税書が郵送されてきたので、税額を確認すると56100円でした。よく考えてみたら車検が6月で、初年度登録が平成8年3月でした。

昔は、自動車税が安い 88ナンバー キャンピングカー登録をする方法もありましたが、現在では有効ではありません。

キャンピングカー登録をすれば、車に、常時、簡易ベッド、コンロ、排水装置、給水装置などのキャンピングセットを積み込んでいなければなりませんので、トランクの有効スペースは狭くなります。キャンピングセットを車から降ろしてしまえば違反となり罰金が科せられる場合もあります。

また、税制上のメリットもなくなりました。

そのため、88ナンバー キャンピングカー登録車は激減しました。っていうか、今では登録が難しいらしいですよ...

車を所有している限り避けては通れないのが車検です。

2年に1回(3年に1回)の車検、

本当に嫌になりますよね?

以前乗っていた、排気量2000ccクラスのガソリン車でも車検代が軽く10万円を超えてましたから....

実際に、ハイラックスサーフの車検代ってどのくらいになるのか、前回の車検時の請求書がありましたので記してみたいと思います。

  • 車種 ハイラックスサーフ KD-KZN185W
  • 排気量3000cc、車両重量1.5トン以上2トン未満

  • [税金]
  • 重量税 50400円
  • 自賠責保険2年分 29780円
  • [手数料]
  • 車検代行料 10000円
  • [整備工賃]
  • 基本料金+洗浄料金+検査料金 18000円
  • 合計 108180円

  • [部品・油脂代]
  • ブレーキ・クラッチ液 0.5リットル 800円
  • ラジエーター冷却液LLC 2リットル 1800円
  • ホイール・シリンダ・カップ・キット1個 1200円
  • 合計 3800円

基本的に、エンジンオイルやオイルエレメントなどは自分で交換しますから部品・油脂代は安くなります。

従って、

総合計 111980円

となります。

あと、このときの車検でリサイクル料 11160円を払いましたので総額は

123140円

でした。

管理人は、信頼できる個人経営の車屋に任せていますから思ったより車検代が安くて済むのです。メーカー系列やディーラーに出せば1.2倍以上は割高になるのではないでしょうか?