愛媛県の林道: 2007年4月アーカイブ

父野川林道を走破中、どれだけ脚が伸びるかハイラックスサーフを道の盛り上がっている所に乗り上げてみました。(まだまだ、脚は伸びそうです!)

愛媛県の父野川林道 その4

これだけしか車体が傾いていないもかかわらず、運転席に座っていると、ハイラックスサーフが横転しそうに感じます。

愛媛県の父野川林道 その5

外側から見ると傾斜角度は5°程度ですが、運転席に座っていると30°程度傾いているように感じます。

林道を走行中する場合は、いくつもの分岐箇所がある場合があるので、道に迷わないように!
また、ガードレールなどは整備されてなくなく、路肩を走ると、地盤の柔らかいところでは車が滑り落ちる可能性があるので、道の真ん中を走行するように心がけてください。

先日、ハイラックスサーフで愛媛県久万町にある父野川林道を走ってみました。


松山市内から国道33号線に入り、久万町 梨ノ下交差点を右折、県道211号線を経由、ほうじが峠から林道に入りました。

愛媛県の父野川林道 その1

林道とはいえ、未舗装のうえ、砂利道なので、乗りごこちはそれほど良いものでは...

15分で走破できるらしいですが、時速20kmで30分ほどかけて走破。

ところどころ、水溜りがあり、ゆっくり通過するも、やはり、ハイラックスサーフのタイヤ後部は泥だらけに。

愛媛県の父野川林道 その2

途中でジムニーとすれ違うが、相手方は、ヘッドランプを点灯していなかったため、直前まで対向車に気が付きませんでした。

林道や未舗装道路などの見通しの悪いところでは、事故防止のため

昼間でもヘッドランプを点灯

し、自分の存在をアピールしましょう!

愛媛県の父野川林道 その3