愛媛県の林道: 2007年12月アーカイブ

ハイラックスサーフで高知県の林道 竜王林道から仁尾ヶ内林道に乗り入れて25分後、舗装路が現れましたがまたすぐに未舗装路に。

高知県 仁尾ヶ内林道 その7

仁尾ヶ内林道の終盤は、未舗装路と舗装路が交互に現れます。

いったい仁尾ヶ内林道の終点(舗装路)はどこなのでしょう?

高知県 仁尾ヶ内林道 その8

最終的に仁尾ヶ内林道を抜けて愛媛県道・高知県道5号 川之江大豊線に出たのが14時30分過ぎ、仁尾ヶ内林道の走行時間は35分でした。

当初はここから5号線(土佐街道)を2km程度南下し、仁尾ヶ内林道の南側にある林道を経由して奥白髪林道を目指す予定でしたが、このペースで進んでいては奥白髪林道を抜ける頃には夕方になってるかも!?

昼食をまだとっていないこともあり、どこかでランチタイムをと思っても食堂はおろかコンビニすら見当たらない!

暗くなる前には愛媛県側に入っておきたいこともあり、このまま行くべきか帰るべきかかなり悩みましたが、高知県まで来て林道を完走せずにはいられない!

ということでハイラックスサーフを再び白髪山の方向に向けました。

高知県 仁尾ヶ内林道 その9

林道を登り始めた頃には日も大分落ち西日がとにかくまぶしかったです。
(ハイラックスサーフのサンバイザーを下ろしても効果なんかありません。)

高知県 仁尾ヶ内林道 その10

西に東にジグザグにハイラックスサーフで林道を登っていき、2.2km先で、まさかの通行止め

残念ながら今回は高知県の白髪山周辺の林道を完走することはできませんでした。

(竜王林道・仁尾ヶ内林道編 終わり)

高知県竜王林道の終点は十字路になっており、仁尾ヶ内林道や奥白髪林道の入口でもあります。今回の林道走行では行きに仁尾ヶ内林道を、帰りに奥白髪林道を走行する予定です。

高知県 仁尾ヶ内林道 その1

仁尾ヶ内林道の最初の方は工石山沿いを林道が通っています。

左手は絶壁、右手は崖下、ハイラックスサーフの運転を誤れば崖下にまっさかさまです。

高知県 仁尾ヶ内林道 その2

紅葉の季節にはまだちょっと早いですが、あと2週間もすれば見ごろになることでしょう。

高知県 仁尾ヶ内林道 その3

現在の時刻は14:00、早く仁尾ヶ内林道を抜けないと奥白髪林道までたどりつけないかも!?

さっさとハイラックッサーフに乗り込んで出発しないと!

高知県 仁尾ヶ内林道 その4

下り道に入りました。早く仁尾ヶ内林道を抜けたいのでハイラックスサーフのスピードが自然と上がります。

それにしてもこの林道はとても走りやすいです。

落石ひとつないし、路面もフラット、草木も邪魔にならないし、これならハイラックスサーフのボディに引っかき傷もつきません。

高知県 仁尾ヶ内林道 その5

右手には山小屋らしき建物が見えます。ここは工石山登山ルートの出発点みたいです。工石山の頂上までは徒歩で約40分!

高知県 仁尾ヶ内林道 その6

あっ! 舗装路です。ここで未舗装路は終わりでしょうか?

高知県の竜王林道にトヨタの四駆 ハイラックスサーフで踏み込んだのが13時20分、自宅からここまでの走行距離が130kmといったところでしょうか!

高知県の竜王林道 その6

とにかく竜王林道にたどり着くまでに予想以上の時間が掛かってしまいました。(元はといえば四国中央市の林道 芋野線に寄り道したのが原因なのですが...)

どこかで遅めの昼食をとってから竜王林道を走行しようと思ったのですが、レストランはおろかコンビニ一軒ありませんね!

高知県の竜王林道 その7

竜王林道に踏み込んでおよそ15分、1匹の鹿と出会いました。

しばらくハイラックスサーフを止めて様子を見ていたのですが、全く動く気配なし。クラクションを鳴らして驚かすのは良くないので(相手が熊なら別ですが)、ハイラックスサーフを少しずつ前進させると、ようやく鹿が前方に歩き始めました。ゆっくりと... そして茂みに消えたのです。

それにしても当日は野生動物と出会います。県道126号線の道路の真ん中でうずくまっていた猿、白髪隧道の手前にいた親子連れの鹿、そして竜王林道の鹿!

高知県の竜王林道 その8

竜王林道はよく整備されているのか、今のところ落石ひとつありません。

いつもは手に汗握ってしっかりとハンドルを握ってるのですが、今日は気楽に走行できそうです。

高知県の竜王林道 その9

11月とはいえ今日はとても暖かく、ハイラックッサーフの車内は暑いくらいです。
ウィンドウを空けると路肩に生えた草木や落ち葉、虫などが車内に入りやすいので、サンルーフをチルトアップしてリアゲートウィンドウを少し開放。

林道走行時はこれに限りますね!

高知県の竜王林道 その10

竜王林道を進んでおよそ8km、時間にして30分、林道の交点にたどり着きました。右に進めば奥白髪林道、左に進めば仁尾ヶ内林道です。

今回は仁尾ヶ内林道に進みます。

次は本日走行予定の高知県本山町白髪山周辺にある竜王林道、仁尾ヶ内林道、奥白髪林道を目指します。

これらの林道は一点でクロスしており、X字型をしています。今回はハイラックスサーフで竜王林道、仁尾ヶ内林道、もう1本の林道(林道名が不明)、奥白髪林道の順で走行する予定です。

  • 竜王林道の入口
  • 東経 133.33.15.4
  • 北緯 33.50.42.9

高知県の竜王林道 その1

竜王林道へは県道126号(上猿田三島線)からアクセスします。県道126号はセンターラインがない1.5車線の道で、何箇所か舗装されていない部分(未舗装の部分は短く数十メートル程度)がありました。

高知県の竜王林道 その2

愛媛県と高知県の県境にあるトンネル 白髪隧道です。
ここを通過すれば高知県の県道264号、竜王林道はもうすぐです。

高速道路を利用される方は高知道 大豊インターを下りて仁尾ヶ内林道から走行したほうが良いでしょう!
高知県の竜王林道 その3

白髪隧道からハイラックスサーフで走ること15分、ようやく竜王林道の入口に到着しました。

高知県の竜王林道 その4

竜王林道は全体としてはフラットな砂利道です。

この林道は交通量もそこそこあるらしく、道中で1台のバイクと2台の車(軽ワゴン、トヨタのキャミ)と擦れ違いました。

高知県の竜王林道 その5

持ってきたデジカメでハイラックスサーフを撮影!

今日はデジカメなのでいつもより撮影枚数が増えました。

愛媛県四国中央市にある林道 芋野線はほぼ全てが舗装路で、林道走行(未舗装路)は不発に終わりました。

愛媛県四国中央市の林道 芋野線 その5

わざわざ愛媛県と高知県の県境付近まで来ておきながら、寄り道をしてオフロード走行をせずに本来の目的地 高知県の本山町に向かうのはもったいない!

ということで、来る途中で林道芋野線で見かけた脇道にハイラックスサーフで乗り込んでみました。

  • 脇道の入口
  • 東経 133.29.46.5
  • 北緯 33.51.49.8

愛媛県四国中央市の林道 芋野線 その10

未舗装路の入口はハイラックスサーフの乗り入れを拒むかのように雑草が茂っていますが、一歩踏み入れると別世界のような錯覚に陥ります。

愛媛県四国中央市の林道 芋野線 その9

林道には轍があり、クルマの往来が多少あるみたいです。

愛媛県四国中央市の林道 芋野線 その11

先程のきれいな路面とは打って変わり路面上には雑草が茂っています。

愛媛県四国中央市の林道 芋野線 その12

雑草地帯を抜けると路面の状態はガラリと変わり、しばらくはフラットな草原状の林道が続きます。

それからしばらく進むと砂利道に変わります。

途中で大きな窪地発見!

ハイラックスサーフで通過できるかな?

愛媛県四国中央市の林道 芋野線 その13

どっこいしょ!

愛媛県四国中央市の林道 芋野線 その14

無事通過したのはいいのですが、この先崖崩れにて通行不能です。

結構長い時間ハイラックスサーフを未舗装路を走行していた思ったのですが、時間的には10分弱、距離的には1kmも進んでおらず700m程度だったみたいです。(写真を撮りながらなんで)