愛媛県の林道: 2008年3月アーカイブ

愛媛県西条市(旧周桑郡丹原町)にある林道峰下影線にハイラックスサーフで乗り入れて15分、路肩に積雪が見られはじめました。この林道峰下影線をハイラックスサーフで走行したのは2月中旬で、まだ三ヶ森や石鎚山麓には残雪が残る頃でした。

愛媛県の林道 峰下影線 その6

林道路肩の雪も太陽の光を浴びて溶け始め、場所によっては路面が湿潤している状態。林道自体も極端に狭くなく、また、落石や倒木、路肩の崩壊等もなくかなり安心して走れそうです。

愛媛県の林道 峰下影線 その7

途中で工事中の看板を発見!
どうやら林道延長工事と災害復旧工事を行っているようです。
(期間は3月上旬までみたいです。)

ダンプカーなどの大型工事車両と擦れ違ったらどうしよう!

愛媛県の林道 峰下影線 その8

遠くに見えるのは三ヶ森でしょうか?それとも石鎚山でしょうか?

林道の奥深くに進むにつれて轍が深くなります。路面の中央部が盛り上がってますので、最低地上高のある車でないと車底を擦ってしまうかもしれませんよ!

雪解けの影響からか、林道の後半部分はマッド状の路面!
(走るのに夢中で林道後半部分の写真を1枚も撮影してなかったみたいです。)

管理人がハイラックスサーフで走行したときには極端にぬかるんでる箇所はなく、スタックする心配はなさそうでした。

結果的に林道の終盤で工事車両が道を塞いでたため最後まで走行することができませんでした。残念!

今回の林道走行距離は片道5.8km、走行時間は片道35分程度でした。

愛媛県の林道 峰下影線 その9

林道走行終了直後のハイラックスサーフです。サイドステップやタイヤハウスは泥だらけです。帰りに洗車機で洗車したのですが、さすがに今回ばかりは...帰ってからもう一度サイドステップとタイヤハウス内を手洗いすることに!

この峰下影線は危険な箇所もなくかなり走りやすい林道ですので、林道初心者にもおすすめできます。ただし、毎年林道延長工事が行われているようなので工事期間と重なると工事車両の往来が多くて擦れ違いに苦労するかもしれませんよ!

(林道峰下影線編 終わり)

今年になって初めてハイラックスサーフで本格的な林道を走行してきました。林道の場所は愛媛県西条市(旧周桑郡丹原町)にある林道 峰下影線(何て読むのでしょうか?)です。

本当は近くにある志河川上流(丹原町楠窪川)の戸石隧道を探索する予定でしたが、県道11号線から戸石隧道へのアクセス路が工事中で全面通行止めだったため急遽予定を変更しました。

林道峰下影線へは国道11号線 西条市丹原町落合橋交差点からアクセスします。新居浜方面から来られる方は国道11号線と松山自動車道の高架橋が交差している地点から松山市側に1.6km程度進んだところにあるT字路を左折、松山方面から来られる方はレストパーク桜三里から5km程度新居浜方面に進んだところにあるT字路を右折します。

愛媛県の林道 峰下影線 その1

落合橋交差点からハイラックスサーフを進めること5分、距離にして2kmちょっとでしょうか、カーブの先に林道 峰下影線の看板を発見!
(カーブの先にあるので見落とす可能性あり!)

幅員3m、延長8725mだそうです。(右側の白い道標)

愛媛県の林道 峰下影線 その2

林道峰下影線の舗装路をハイラックスサーフ進むこと数分でしょうか、右手に白い看板を発見しました。看板には「蜂ヶ森城」と書かれています。

蜂ヶ森城とは、鎌倉時代 赤橋重時の属城の一つらしいです。蜂ヶ森城についての詳細はお気楽会社のアルプ日記をご覧ください。
(このブログで林道峰下影線のことを知りました。)

ちなみに蜂ヶ森城へは、この看板の近くにある小道からいけるらしいです。

愛媛県の林道 峰下影線 その3

林道の入口からおよそ2.5km、未舗装路に突入です。2ヶ月ぶりのオフロード走行なので、ワクワク、ウキウキ、ドキドキしますね!

愛媛県の林道 峰下影線 その4

林道としてはフラットな路面で、四駆車(SUV)でなくても走行可能みたいです。(ですが、林道入口付近から携帯の電波は届いていませんでしたのでそのつもりで!!)

おや、林道の前方に何やら白いものが見えます!

雪でしょうか?

愛媛県の林道 峰下影線 その5

雪でした!

ハイラックスサーフを残雪の上に止めて小休憩。

それにしてもかなりの数のタイヤ痕がみられますが...