愛媛県の林道: 2010年4月アーカイブ

愛媛県久万高原長の ほうじが峠まであともう少しのところでハイラックスサーフが立ち往生!
ちょうど町道大野ヶ原線(父二峰林道)の終点付近で一本の倒木が林道を遮るように倒れていたのです。

倒木でハイラックスサーフが立ち往生

倒木の下をハイラックスサーフが通過可能か車を降りて確かめてみると、路肩スレスレを通れば通過できそうです。ですが倒木の下側と運転席側ルーフは同じくらいの高さにあり、ハンドル操作を少しでも誤れば運転席側ルーフを凹ましてしまいそうです。

管理人が車に積んでいるワイヤーロープを結びつけて引っ張り出すことも考えたのですが、長さが約3メートルと短く、ボディを凹ますリスクが高いのでこの案も却下。

父野川林道と町道大野ヶ原線との合流点

どうするか10分以上悩んだ結果、結局は今来た道を引き返えすことに。そして父野川林道と町道大野ヶ原線との合流点まで戻り、当初の走行予定にはなかった父野川林道へと進むことにしたのです。

父野川林道の路面の様子

幅員は狭いですが、父野川林道はよく整備されており路面はフラットです。

林道の中盤付近

林道の中盤を過ぎる頃には、幅員が若干広がります。見通しはあまりよくありませんが、比較的長い直線のダートが続きます。

写真は撮り忘れましたが、久万オートランド(久万オートレース・キャンプ場)を過ぎる頃には対向車との擦れ違いが余裕でできるほどの広い幅員&下り坂となります。そのためスピードも出しがちで、エンジンブレーキを効かせながら下るハイラックスサーフと、アクセルを吹かしながら猛スピードで上ってくる10トンダンプとが衝突しそうになる一面も!

ダートと舗装路の境目

父野川林道を走ること15分、ダートは終了です。上記の写真が舗装路とダートの境目となります。

右手には何やら気になる看板が!

アンパンマンの看板

アンパンマンのキャラクターとともに、「ゆっくり、おねがいします」というメッセージが看板に掲示されています。

民家らしい建物もみえますので、スピードの出しすぎには要注意です。

父野川林道の終盤

舗装路を下ること数百メートル。

久万オートランドの看板

ゴール地点である国道380号線に到達です。

ゴール地点には久万オートランドの看板があります。久万オートランドは愛媛県で唯一の4WDコース、二輪モトクロスコース、オフロードコースを構えたレース場です。1台5000円で一日走り放題らしいですが、本格クロカン車でないと走行はキツイと思います。

父野川林道を走行中に久万オートランドの横を通過しましたが、その日は平日で車1台止まっていなかったと記憶しています。ノーマルタイヤのハイラックサーフでの単独走行はさすがにやばいと思ったので、これにて久万高原町周辺の林道走行は終了です。ちなみに管理人は久万オートランドには一歩も足を踏み入れたことがありません。以上

(お詫び)

管理人が林道デビューしたのは父野川林道ではありませんでした。2007年4月に走行した林道は父野川林道だと記事にしていましたが、正確には町道大野ヶ原線のようでした。なお、記事に関しては諸事情により修正いたしません。

最後に、町道大野ヶ原線を走行したときの動画がみつかりましたのでアップしたいと思います。