愛媛県の林道

今年になって初めてハイラックスサーフで本格的な林道を走行してきました。林道の場所は愛媛県西条市(旧周桑郡丹原町)にある林道 峰下影線(何て読むのでしょうか?)です。

本当は近くにある志河川上流(丹原町楠窪川)の戸石隧道を探索する予定でしたが、県道11号線から戸石隧道へのアクセス路が工事中で全面通行止めだったため急遽予定を変更しました。

林道峰下影線へは国道11号線 西条市丹原町落合橋交差点からアクセスします。新居浜方面から来られる方は国道11号線と松山自動車道の高架橋が交差している地点から松山市側に1.6km程度進んだところにあるT字路を左折、松山方面から来られる方はレストパーク桜三里から5km程度新居浜方面に進んだところにあるT字路を右折します。

愛媛県の林道 峰下影線 その1

落合橋交差点からハイラックスサーフを進めること5分、距離にして2kmちょっとでしょうか、カーブの先に林道 峰下影線の看板を発見!
(カーブの先にあるので見落とす可能性あり!)

幅員3m、延長8725mだそうです。(右側の白い道標)

愛媛県の林道 峰下影線 その2

林道峰下影線の舗装路をハイラックスサーフ進むこと数分でしょうか、右手に白い看板を発見しました。看板には「蜂ヶ森城」と書かれています。

蜂ヶ森城とは、鎌倉時代 赤橋重時の属城の一つらしいです。蜂ヶ森城についての詳細はお気楽会社のアルプ日記をご覧ください。
(このブログで林道峰下影線のことを知りました。)

ちなみに蜂ヶ森城へは、この看板の近くにある小道からいけるらしいです。

愛媛県の林道 峰下影線 その3

林道の入口からおよそ2.5km、未舗装路に突入です。2ヶ月ぶりのオフロード走行なので、ワクワク、ウキウキ、ドキドキしますね!

愛媛県の林道 峰下影線 その4

林道としてはフラットな路面で、四駆車(SUV)でなくても走行可能みたいです。(ですが、林道入口付近から携帯の電波は届いていませんでしたのでそのつもりで!!)

おや、林道の前方に何やら白いものが見えます!

雪でしょうか?

愛媛県の林道 峰下影線 その5

雪でした!

ハイラックスサーフを残雪の上に止めて小休憩。

それにしてもかなりの数のタイヤ痕がみられますが...

愛媛県の別子山付近で見つけた未舗装の林道。

どこにつながっているかは不明ですが、ハイラックスサーフ185型で走行してきました。

愛媛県の林道 別子山付近 その6

新居浜別子山線を走行中に降り始めた雨も一段と強まり、ハイラックスサーフの車外に出てのデジカメ撮影はほとんどできない状態でした。

愛媛県の林道 別子山付近 その7

この林道はよく整備されているみたいで、路面自体はフラットです。山肌からの落石がところどころに見られますが、道幅が広いので通行には苦労しないでしょう!

愛媛県の林道 別子山付近 その8

東光森山をバックにハイラックスサーフを撮影してみました。まあ、東光森山自体は霧で見えませんけどね!

愛媛県の林道 別子山付近 その9

林道の左側路肩が崩壊しています。ガードレールのポールの根元、本来は埋まっているはずの部分がはっきりと見えます。

愛媛県の林道 別子山付近 その10

林道に進入して15分、土砂崩れによりこの先通行不能です。

走行した未舗装路部分はおよそ8kmでしょうか?

後から計算してみると、時速35km程度でこの未舗装路を走破したことになります。これだけのスピードで未舗装路を走行できたことは、この林道自体がいかにフラットであったかをうかがい知ることができると思います。

(別子山付近の林道編 終わり)

昨年の11月中旬でしょうか、結果的にはこの日が昨年度最後の林道走行となりましたが、ハイラックスサーフで愛媛県新居浜市の別子山付近にある林道を走行!

この林道には新居浜市から県道47号線である新居浜別子山線を通ってアクセスしました。

愛媛県の林道 別子山付近 その1

新居浜別子山線に入って30分程度経過した頃からでしょうか、急激に気温が下がり車内にいても寒いくらい!

ハイラックスサーフのフィールドモニターで外気温を確認してみると、11月中旬にもかかわらず3℃という冷たさでした。

大永山トンネルを抜けると路肩には雪が...

管理人が住んでいる地域で11月に雪が降ることは考えられないなので、びっくりしました。

愛媛県の林道 別子山付近 その2

遠くに見える山の尾根には雪が積雪しています。位置的には冠山もしくは平家平でしょうか?

愛媛県の林道 別子山付近 その3

新居浜別子山線に入って1時間、別子山支所の800m程度先にあるT字路を右折して、高知県大川村方面に進みます。T字路の直前には道路標識があるのですぐに分かると思います。

1時間前に通過した新居浜市内は晴れていたのですが、高知県境に近づくにつれて空模様が崩れ、雨脚が強くなりました。
愛媛県の林道 別子山付近 その4

先程のT字路から10分程度南進すると、左手に未舗装路発見!

工事用の作業路でしょうか!?

偶然発見した未舗装路なので、この未舗装路の名称は不明です。

未舗装路の入口には山肌の崩壊あり、それに雨が一段と強まり...高知県境近くまで来て引き返すのも何だし、しばらく道路の真ん中にハイラックスサーフを止めて行くべきか引くべきか悩んでいると、突然後ろからクラクションの音が!

この道は高知県道の6号線とつながっていることもあり、比較的交通量もあるみたいです。
愛媛県の林道 別子山付近 その5

後続車が待ってることもあり、とりあえずハイラックスサーフで乗り入れてみると...

ハイラックスサーフで高知県の林道 竜王林道から仁尾ヶ内林道に乗り入れて25分後、舗装路が現れましたがまたすぐに未舗装路に。

高知県 仁尾ヶ内林道 その7

仁尾ヶ内林道の終盤は、未舗装路と舗装路が交互に現れます。

いったい仁尾ヶ内林道の終点(舗装路)はどこなのでしょう?

高知県 仁尾ヶ内林道 その8

最終的に仁尾ヶ内林道を抜けて愛媛県道・高知県道5号 川之江大豊線に出たのが14時30分過ぎ、仁尾ヶ内林道の走行時間は35分でした。

当初はここから5号線(土佐街道)を2km程度南下し、仁尾ヶ内林道の南側にある林道を経由して奥白髪林道を目指す予定でしたが、このペースで進んでいては奥白髪林道を抜ける頃には夕方になってるかも!?

昼食をまだとっていないこともあり、どこかでランチタイムをと思っても食堂はおろかコンビニすら見当たらない!

暗くなる前には愛媛県側に入っておきたいこともあり、このまま行くべきか帰るべきかかなり悩みましたが、高知県まで来て林道を完走せずにはいられない!

ということでハイラックスサーフを再び白髪山の方向に向けました。

高知県 仁尾ヶ内林道 その9

林道を登り始めた頃には日も大分落ち西日がとにかくまぶしかったです。
(ハイラックスサーフのサンバイザーを下ろしても効果なんかありません。)

高知県 仁尾ヶ内林道 その10

西に東にジグザグにハイラックスサーフで林道を登っていき、2.2km先で、まさかの通行止め

残念ながら今回は高知県の白髪山周辺の林道を完走することはできませんでした。

(竜王林道・仁尾ヶ内林道編 終わり)

高知県竜王林道の終点は十字路になっており、仁尾ヶ内林道や奥白髪林道の入口でもあります。今回の林道走行では行きに仁尾ヶ内林道を、帰りに奥白髪林道を走行する予定です。

高知県 仁尾ヶ内林道 その1

仁尾ヶ内林道の最初の方は工石山沿いを林道が通っています。

左手は絶壁、右手は崖下、ハイラックスサーフの運転を誤れば崖下にまっさかさまです。

高知県 仁尾ヶ内林道 その2

紅葉の季節にはまだちょっと早いですが、あと2週間もすれば見ごろになることでしょう。

高知県 仁尾ヶ内林道 その3

現在の時刻は14:00、早く仁尾ヶ内林道を抜けないと奥白髪林道までたどりつけないかも!?

さっさとハイラックッサーフに乗り込んで出発しないと!

高知県 仁尾ヶ内林道 その4

下り道に入りました。早く仁尾ヶ内林道を抜けたいのでハイラックスサーフのスピードが自然と上がります。

それにしてもこの林道はとても走りやすいです。

落石ひとつないし、路面もフラット、草木も邪魔にならないし、これならハイラックスサーフのボディに引っかき傷もつきません。

高知県 仁尾ヶ内林道 その5

右手には山小屋らしき建物が見えます。ここは工石山登山ルートの出発点みたいです。工石山の頂上までは徒歩で約40分!

高知県 仁尾ヶ内林道 その6

あっ! 舗装路です。ここで未舗装路は終わりでしょうか?