高知県の林道

高知県本川村の大森川貯水池東側にあるダム下流まで南下したので、今度は伊留谷林道に向かうべく大森川貯水池周りの林道をハイラックスサーフで走行。

高知県本川周辺の伊留谷林道 その1

大森川貯水池の南側の林道は全体としてはフラットな路面で、時速30km程度で走行可能です。

しかし前々日に降った雨のためいくつもの水溜りがあり、愛車のハイラックスサーフが泥水を浴びないように水溜りの手前で減速しながら通過。

高知県本川周辺の伊留谷林道 その2

大森川沿いを走行しているときに見かけた大森川ダムです。

高知県本川周辺の伊留谷林道 その3

ほら、水溜りがたくさん!

最初はハイラックスサーフを減速して通過していた水溜りでしたが、あまりにもたくさんあるため最後のほうには水しぶきを上げながら高速で通過。

水溜りの中には思ったより水深が深いものがあり、ハイラックスサーフの車体がポンポンとよく跳ねます。

林道を走行していたら前方に路面が横方向に大きく陥没している箇所を発見。
急ブレーキを掛けたが、路面が湿潤していることもありタイヤが滑って

ズルズルズル...ドッカ−ン

前方視界のあまりよくない林道では、路面の状況にあったスピードで走行しないと駄目ですね!

高知県本川周辺の伊留谷林道 その4

道中で見かけた二段になった滝です。思わず撮影しちゃいました。

前回の林道走行の際には携帯のメモリーが一杯になり撮影を続行することができませんでした。前回の反省から、今回は一眼レフタイプのカメラを持っていこうかと悩んだのですが林道走行時の振動で痛んだら嫌なので、携帯用のメモリーを1枚余分に持っていくことにしました。

この最近、コンパクトサイズのデジカメの購入を考えています。
高知県本川周辺の伊留谷林道 その5

大盛川・大森川貯水池の南側の林道を走行しておよそ30分、林道のアスファルトで舗装された終点らしき場所に到達しました。
が、この先を進むと、また林道の入り口が!

しかし、林道の入口は門で封鎖され、通行禁止でした。この手前にも林道の入口がありましたが門で封鎖されてました。

また、30分掛けて今来た道を戻らなければなりません。

(続く)

路面危険 通行注意」の看板、長沢林道には下記写真のように鉄板で補修された路面をいくつも見かけました。

「路面注意」の看板さてどこを注意するのだろうか?
(補修されているおかげで安全に通行できるのですが!)

高知県本川周辺の長沢林道 その14

長沢林道にハイラックスサーフで入ったときに見かけた「8.6km先通行不能」の看板、そろそろ問題の通行不能部分に到着。確かに車両が通行できないように、ロープを張るための杭が打たれています。

しかし、ロープは外れている?

ラッキー!通行止め解除か?

とりあえず、ハイラックスサーフを慎重に運転して今にも崩れそうな崖伝いに1kmほど前進するとまたまた、通行止めのロープが張られている。

今来た道を引き返せってことか?

ハイラックスサーフを降りて通行止めの手前まで歩いていくと何やら看板が反対側を向いて立っている。「0.6km先通行不能?

いまいち状況がよくわからないので、しばらく思考!

あっ!ここは反対側の通行止めか!

ということは先ほど通行止め解除されていた部分は、誰かがロープを外したままにしておいたっていうことか!

林道走行では、林道が崩壊、もしくは行き止まりで今来た道を引き返すなんてことはよくありますが、この道だけは引き返したくない(1箇所難所があったので)

目の前の通行止めは反対負側の部分なので、この先は通行できる!ということでロープを外してハイラックスサーフを通し、ロープは元に戻しておく。
(通行止めを解除して前進するのは本当は駄目ですよ!)

ちょうど通行止めから先はT字路になっていたのでどちら側に進むか考え中...

来る前に、高知県本川村周辺の林道は頭の中にインプットしておいたので、今いる場所がどこなのかパズルを解くように考えていると、今いる場所はおそらく長沢貯水池と大森川貯水池の真ん中あたり。ということはT字路を西側に進めば伊留谷林道、南側に進めば大森川貯水池をぐるりと1周できるはず。

当初の計画では大森川貯水池をぐるりと一周回る予定だったので進路は南側に。

高知県本川周辺の長沢林道 その15

T字路を南側に進むと、しばらくなだらかな下り道が続き...
湖畔沿いに到達。

高知県本川周辺の長沢林道 その16

カーナビで確認すると、この湖は大森川貯水池と判明。

大森川貯水池はしだいに狭くなり、大森川に。

高知県本川周辺の長沢林道 その17

大森川貯水池を南側に進むと、大森川ダムの下流に架かる橋に到達。
橋を渡り終えるとT字路になっており南東に進めば大森川渓谷、北西に進めば大森川貯水池を1周できます。

高知県本川周辺の長沢林道 その18

今回は伊留谷林道を経由して石鎚スカイラインに出る計画なので進路は北東に!

大森川貯水池の長沢林道側の林道は対向車とはすれ違いませんでしたが、大森川貯水池周辺および大森川渓谷方面は林道としては交通量は多いです。

長沢林道をハイラックスサーフで15分ほど走行した頃だろうか、
林道の中央に落石を発見!

高知県本川周辺の長沢林道 その10

林道の路肩にある落石は避けれる場合がほとんどなのだが、林道の中央にある落石というのは結構厄介なのだ!落石をハイラックスサーフで跨いで通過すれば、最も低い位置にあるリアデフを強打する可能性があるし、かといってクロカン仕様でないハイラックスサーフで落石を乗り越えるにはリスクが大きすぎる...

今回はたまたま左側が広場みたいになっていたので迂回できたが、もし崖っぷちであったなら引き返していたでしょう!(あれぐらいの石なら退かすことは可能だが、腰を痛めてはいけないので...)

高知県本川周辺の長沢林道 その11

長沢林道の最初は平坦なダート路でしたが、しだいに砂利道に変わってきました。ダート路では、ミッションのギアをサードに入れて時速20kmから30kmで走行してたのですが、砂利道になってからはギアをセカンドに入れての時速20km以下の低速走行!

砂利道で急ブレーキを掛けるとズルズルズルと滑りやすいので低速走行が基本です。

高知県本川周辺の長沢林道 その12

今回の林道走行でこの場所が最大の難所でした。写真の撮り方が悪かったので分かりにくいとは思いますが、林道の右側は崖っぷち、左側と青丸の部分は大きく陥没!ハイラックスサーフではタイヤ1個分が陥没部分にはみ出してしまうので通行不可能。

引き返すことも考えていたのですが、帰るも地獄(方向転換するにはかなりの距離をバック走行する必要あり)、ということでしばらくどうするか考えていたら、右側の陥没部分を石で埋めてしまえば行けるかも!ということで早速修復作業を実行。

路肩の修復後、ハイラックスサーフを左側の陥没部分に落とさないように慎重に前進したがあまかった。右側のフロントタイヤは修復した陥没部分を破壊しながらも無事通過できたが、リア側のタイヤが陥没部分にピッタリとはまってしまい、いくらアクセルを吹かしても脱出できない。

ハイラックスサーフのトランスファをデフ直結のH4Lモードにして何とか脱出に成功。

今までの林道では、デフを直結しないH4モードで十分に走行できましたが、この長沢林道では何度かH4Lモードにしないと通過できないような悪路に遭遇しました。
高知県本川周辺の長沢林道 その13

これぐらいの大きさの石ころがゴロゴロしていると、ハンドルはとられやすいし、タイヤの接地面が少なくなるので滑りやすくなるし...

(続く)

管理人の愛車ハイラックスサーフで高知県本川周辺の長沢林道に突入!

高知県本川周辺の長沢林道 その5

林道に入ってしばらくすると、手掘りのトンネルに遭遇!

林道走行中に同じような手掘りのトンネルをいくつか見かけました。

高知県本川周辺の長沢林道 その6

手掘りのトンネルを抜けると林道を川が横切ってました。

地図上ではここは川みたいです。

かなり浅いので滑らないようにハイラックスサーフで渡河。
渡河ってほど大げさではありませんが?

高知県本川周辺の長沢林道 その7

長沢林道自体は長沢貯水池の湖畔沿いにあります。貯水池の対岸には、高知県の県道40号石鎚公園線が見えます。この県道40号を通れば石鎚スカイラインに出れるはずでした...

高知県本川周辺の長沢林道 その8

林道を走行した当日は雨は降っていませんでしたが、前々日に降った雨の影響で水溜りが多くできていました。

最初は、ハイラックスサーフが汚れるのが嫌で、ソロソロと水溜りを通過していたのですが、あまりにも無数にあるため最後のほうには水飛沫を上げながら水溜りに突進!

林道からの帰りにはセルフの洗車機に直行でした。
高知県本川周辺の長沢林道 その9

マッドガードを装着していないのでハイラックスサーフのリア後部は泥だらけ!

この最近、JAOSマッドガードの装着を考えているのですが、あまりにも高価でなかなか購入にふみきれません。

(続く)

今回、ハイラックサーフで走った林道は、

高知県本川村の長沢・大森川貯水池周辺の林道

です。正確な林道の名称は知りませんが、高知県本川村の長沢貯水池や大森川貯水池周辺の長沢林道弘沢奥大野越林道の辺りです。

当初の予定では、管理人の愛車ハイラックスサーフで遠出をしようと思い、まず国道194号線から長沢林道に入り、長沢・大森川貯水池をぐるりと周り、伊留谷林道を経由して石鎚スカイラインに出て国道11号線の桜三里に抜ける予定でしたが諸事情により断念

えんえんと3時間も林道の中をハイラックスサーフと共にさまよいました。

林道へのアクセス方法は、国道11号線から愛媛県西条市の加茂川交差点を曲がり、国道194号線を高知県側へ南下。愛媛県と高知県の県境にある長さ5432mの寒風山トンネルを抜けて高知県入り。

信号なんてほとんどない山道なのでノンストップで長沢貯水池の入り口である高知県本川役場(本川総合支所)付近の交差点に到達。所要時間は加茂川交差点から約35分程度!

管理人のハイラックスサーフはミッション車なので、ほぼノーブレーキで山越えが可能でした。
(エンジンブレーキとシフトダウンによる減速で!)
高知県本川周辺の長沢林道 その1

交差点を曲がって、長沢貯水池方面に向かってると工事中により

通行止め?かと思われたが、約10分待って通行可能に。

高知県本川周辺の長沢林道 その2

長沢林道への進入方法は、長沢ダムの上の狭い道を渡ります。

ハイラックスサーフクラスの四駆がなんとか通れるくらいの細さです。

高知県本川周辺の長沢林道 その3

ダム上の道を渡り終えると、いよいよダートに突入

遠くに、8.6km先 通行不能の看板が見えますが、まあ、とりあえず行けるとこまで行ってみるか!

高知県本川周辺の長沢林道 その4

最初は、初心者クラスの平坦な道が続いていたのですが....

(続く)