バックフォグランプの取り付け

これがバックフォグランプです。

バックフォグランプ本体

配線がしやすいように、バックフォグランプのマイナス線にはY型端子を、プラス極にはギボシ端子を取り付けてください。

L字型金具の取り付け その1

バックフォグランプをハイラックスサーフに固定するためにL字型金具を車体に取り付けます。L字型金具はバンパーを固定しているボルトに取り付けるのが最適だと思います。

L字型金具の取り付け その2

バックフォグランプをL字型金具に取り付けます。ディーゼルエンジンの振動でボルトが緩みやすいので、スプリングワッシャーを入れて確実に固定してください。

マイナス線に取り付けたY型端子を、バンパーを固定しているボルトに固定してください。(L字型金具を取り付けたボルトとは異なるほうが良い)

ハイラックスサーフの水抜き穴

バッテリーから引っ張った電源線をトランクルームの下にある水抜き穴(写真の赤丸を参照)から引き出します。

バックフォグランプの配線

電源線をバックフォグランプと接続します。接続点には念のためビニル絶縁テープを巻いといてください。

管理人は、車体の外に出た電気配線は水や泥の影響を受けて劣化しやすいので保護チューブ(ドライヤーなどの熱風をあてると収縮するチューブ)に入れています。

電気配線のほうは、写真がないので省略します。

(バックフォグランプの取り付け編 終わり)

バックフォグランプをバックギアと連動させるためにはバック信号を与えてやらなければなりません。

バック信号は、ギアをバックに入れたときに12Vの電圧がかかる場所、ハイラックスサーフのバックランプから取るのが最適です。

回路図はこちらを参照してください。




ハイラックスサーフのバックランプ バック信号の接続

まず、バックランプを固定しているネジが2箇所ありますので、ドライバーで緩めてください。ネジをはずしてからバックランプを外側(側面)方向に向かってずらすと簡単にはずれます。

右側の写真をご覧ください。
一番上に付いているランプがバックランプです。一番上のランプから出ている赤色の線にバック信号検出用の電線を割り込ませます。(事前にテスターで確認することをオススメします。ギアをバックに入れたときに電圧がかかる電線にバック信号用の電線を割り込ませてください。)

[失敗談]
既にバックランプにはカーナビのバック信号用に電線を割り込ませていました。配線をするのが面倒だったので助手席の下に設置しているカーナビ本体のバック信号用電線からバック信号を取ったのですが、ギアをバックに入れても導通はしているのですが電圧がかかりません。
カーナビのマニュアルを見るとヒューズの代わりにヒューズ抵抗(抵抗と一緒)が使われていることが判明。ヒューズ抵抗の後ろに電線を割り込ませたので、電流は流れても電圧がかかりません。結局は、バックランプまで電線を延ばしてバック信号を取ることに....

管理人が考えたバックフォグランプの配線図(回路図)です。配線図には描いていませんが、バッテリーからリレーの間には必ずヒューズを入れてくださいね!

バックフォグランプの配線図

バックギア連動の解除ができるようハイラックスサーフに手元スイッチを取り付け。

切り忘れ防止のため、エンジンがかかってるときのみ(アクセサリ電源)手動点灯できるように手元スイッチを取り付け。

バックフォグランプを点灯したまま公道を走行したら違反になるので、ランプの点灯状態がわかるようにLED付きスイッチを使用。

  • 必要なもの
  • バックフォグランプ
  • 3500円から4000円程度)
  • LED付きスイッチ 2個
  • 1300〜1500円/個、LED付きでなければ1000円程度
  • リレー 2個
  • 1000円/個、a接点のみのタイプでよい
  • 電線
  • 1.25mm2以上の電線 10m(バッテリーからフォグランプ間)
  • 0.75mm2以上の電線 10m以上
  • 圧着工具
  • 端子とセットになったものが1000〜1500円程度)
  • フォグランプの取付金具(L字型金具が最適)
  • ちょっと高いがステンレス製を選んだほうがよい。
  • テスター

夜間に愛車のハイラックスサーフをバックさせる際には、バックランプが暗くて後方がよく見えません。

そこで後方の安全対策として、

バックフォグランプ

を取り付けました。

ハイラックスサーフに取り付けたバックフォグランプ

バックフォグランプは、イルミ電源、バックギアと連動させました。夜間、スモールランプを点灯させギアをバックにセットしたときだけランプが点灯するように回路を構成。日中は、バックしてもバックフォグランプが点灯しないようにしました。

さらに、手元でランプをオンオフできるように手動スイッチを取り付け。夜間にハイラックスサーフの後方でちょっとした作業をするとき大変便利になりました。

回路図は次回で...

※ちなみにバックフォグランプを取り付けていると車検には通りません。