VIPERセキュリティー

不正に作成した合鍵などでエンジンを始動できないようにセルモーターへの電源供給を防止するのがスターターキルリレーです。

スターターキルリレーを取り付けているとVIPERセキュリティー装置が作動している限りセルモーターを始動することが出来ません。VIPERセキュリティーをリモコンで解除しなければセルスターターを回す事が出来ませんので、不正に作成した合鍵を使ってのクルマの盗難には威力を発揮しますが、スターターキルリレーの接点部を短絡させればセルモーターを始動することが可能ですので単なる時間稼ぎでしかありません。

管理人が購入したVIPERセキュリティー装置にはスターターキルリレーが装備されていたのですが、ターボタイマーとの共存化をしたため問題が発生!原因は、本来はイグニッション電源を接続すべきところに、アクセサリ電源を接続したことによるものだったのです。(下記の図を参照)

セルスターターリレー 改造前の接続方法

ご存知だとは思いますが、キースイッチを捻ってセルモーターを回してもイグニッション電源には電源が供給されますが、アクセサリ電源は負荷軽減のためセルモーターを回している間は電源が遮断されてしまいます。

正しい接続方法ですと、VIPERセキュリティー装置がオンの状態でキースイッチを捻ってセルモーターを回しても、イグニッション電源が遮断されることがないので直結されたスターターキルリレーが動作してセルモーターを回す事が出来ません。

ところが、イグニッション電源の代わりにアクセサリ電源を使用したため、キースイッチを捻ってセルモーターを回すとアクセサリ電源が遮断されスターターキルリレーが動作できなくなってしまうのです。

そこで、イグニッション電源と並列に接続されたスターターキルリレーの配線を分離して以下の図のように改造。

セルスターターリレー 改造後の接続方法

ターボタイマーが効いている間はセキュリティー装置をオンにすると(キーレスエントリーでドアをロックする)スターターキルリレーのコイルが常に励磁されるという欠点はありますが、スターターキルリレーの動作不具合は改善されたのです。

(次回に続く)

管理人が買ったカーセキュリティー装置がターボタイマーに対応していなかったので、衝撃(振動)を感知するショックセンサーの電源供給をリレーで制御することによりターボタイマーとの共存ができると考えたのですが、現実にはうまくいきませんでした。

VIPER本体へはバッテリーからの常時電源線イグニッション線を接続するのですが、前述したようにイグニッション線にはエンジンが回転中は電源が供給されています。

イグニッション線の役割は、エンジンが回転中かどうかを検出してセキュリティー装置のオンオフ動作を制御することです。つまりイグニッション線は、エンジンが回転中はセキュリティーをオンに出来ないようにインターロックの役目をしているのです。

ターボタイマーとの共存化を実現するためには、ターボタイマーが効いているとき(クルマのキーを抜いているとき)にはイグニッション線からの電源供給をストップさせなければなりません。

このような動作を実現させるために、ターボタイマーが効いている間は電源がオフになる配線はないかとテスターを片手に探していると案外簡単に見つけることができました。

それは、アクセサリ電源です。

ショックセンサーの配線図 3

上記図のように、イグニッション電源をアクセサリ電源に置き換えることによりターボタイマーとの共存が実現したのですが、またもや問題が...

(次回に続く)

ヤフオクで購入したVIPERセキュリティー装置が自宅に届いて、取付け方法や使用方法のマニュアルを見ているとここで問題が発生。

どうやら

ターボタイマーに対応していない

のである!

よく確認しなかった管理人が悪いのだが今さらどうしようもないので対応策を考えることに...

このVIPERセキュリティー装置はキーレスエントリーと連動していて、リモコンでドアをロックすればセキュリティーがオンに、アンロックにすればオフになるのです。
しかし、ターボタイマーが動作している間はエンジンが回転していますので、この時にドアをロックすればセキュリティー装置がオンになり、ディーゼルエンジンの振動をショックセンサー(振動センサー)が感知してしまい大音量のアラームがあたり一面に鳴り響いててしまうのです。

一番簡単な方法はターボタイマーを外すことなのですが、便利な道具なので外したくはない!

何が便利かというと、ボタンを1回押してターボタイマーをマニュアルモードにしておけば、キーを抜いても最大10分間はエンジンが停止しないので、短時間サーフから離れるときは大変便利なのです。

ターボタイマーを外さない方針で対応策を考えていると何やら名案が!

「ようはエンジンが回転中はショックセンサーが動作しないようにしてやればいいのではないか!」

下記がショックセンサーの配線図です。

ショックセンサーの配線図 1
  • 赤色の線がバッテリーからの常時電源
  • 黒色の線がアース
  • 青色緑色が信号線

ショックセンサーは電子機器ですので電源がなければ動作しません。エンジン回転中はショックセンサーが動作しないように電源の供給をストップし、エンジン停止時のみ電源が供給されるように改造してやればターボタイマーとセキュリティー装置の共存ができそうです。

改造方法は、以下の配線図を参考にして下さい。

ショックセンサーの配線図 2

リレーに電圧がかかっているときは接点がオフに、電圧がかかっていない時はオフになるc接点付きのリレーを用いれば前述したショックセンサーの電源のオンオフは可能です。

リレーの電源は、エンジンが回転している間は常に電源が供給されているイグニッション電源からとることにしました。

これでターボタイマーの対策は完璧かに思えたのですが...

(次回に続く)

カーメイトのセキュリティー装置を取り付けたのだが使い勝手はいまいち!

たまにセキュリティー装置を切り忘れてドアを開いてしまいコンビニの前でたむろしている学生の注目の的になることもたびたびありました。(アラームが大音量で鳴りとても恥ずかしい!)

振動(衝撃)センサーの感度も悪く(特にサーフの後部)、だからいって感度を高めれば今度は風が吹いたらアラームが鳴り、雨が降ってもアラームがなり...

結局は取り付けてから3ヶ月程度で取り外してしまいました。

取り外したのはいいけど盗難や車上荒らしの被害にあわないか気になって仕方がないので、もう一度セキュリティー装置を購入することに!

今度は、キーレスエントリー付きのリモコンでセキュリティーの連動が可能な製品を探しにオートバックスやイエローハットに足を運んでみたのですが、キーレスエントリー可能なリモコン付きの製品なんてありゃしない!

自宅に帰ってインターネットでカーセキュリティーに関するホームページを閲覧していると、

VIPER(バイパー)やCLIFFORD(クリフォード)

のメーカーからキーレスエントリー機能付きのリモコンが付いたセキュリティー装置が販売されているとの情報を得たのでヤフオクで新品の実売価格を調べてみると高機能なだけに高いじゃないか!

確か、

2万円台前半から5万円台後半

だったと思います。

2万円台のはセキュリティ装置と連動したキーレスエントリー付きのリモコンが丸くてかっこ悪い!かといって高機能でかっこいいリモコンが付属した5万円台の製品は高いし...

セキュリティー

結局、VEPERの長方形型のリモコンが付いたクラスの一番安い新品の製品をヤフオクで探して購入。金額は、26640円(送料込み)でした。

VIPER バイパー セキュリティーシステム

商品が届いて取扱説明書を読んでいると何やら問題点が?

実は何とかなるだろうと思い、ターボタイマーに対応しているかどうか確認せずに買っちゃったのでした。

ここから始まった長いセキュリティーの取付け作業。作業が進めば進むほど新たな問題が出てくるドンドン出てくる!出てくる!

これからしばらくは、この1ヶ月間苦労したセキュリティー装置の取付けについて書きたいと思います。

(続く)

タイヤの盗難防止用にロックナットを取り付けたのですが、サーフの盗難や車上荒らしの方も心配なので警報装置が付いたセキュリティー装置を買いにオートバックスへ向かいました。

以前のクルマに付けていたオーディオや不要なものをリサイクルショップで売って得た現金が15000円程度あったので、金額がそれ以内に納まるようなセキュリティー装置を探していると手ごろな価格の

カーメイトのバリケード強力ダブルセキュリティー

という商品を発見。

電源(+)とアース(-)の2本のみの簡単取付で、リモコン付き。振動(衝撃)を感知してアラームで威嚇!さらにドアを開けたときに点灯する室内灯に反応してアラームを発するドアの不正開閉監視装置付きなので、もし車上狙いの犯人がクルマの窓を割ってドアを不正に開けた場合などにはアラームで威嚇してくれるわけです。

通常は16000円程度なのですがセール価格で9980円、安くて取り付けが簡単という魅力に引かれて購入しちゃいました。

早速自宅に帰って、セキュリティー装置を取り付け。

セキュリティー装置の本体をボンネット内に取り付けてバッテリーのプラス極とマイナス極に接続し、ドアの不正開閉監視装置を室内灯の表面に両面テープで張るだけの簡単取り付けのはずが...

実は管理人のハイラックスサーフターボタイマー付きなのでもう1本だけ電線をつながなければなりません。

なぜかというとターボタイマーの働きでクルマのキーを抜いてもすぐにはエンジンは止まりませんのでセキュリティー装置をオンにすることができないからです。もし、エンジンが回転している状態でセキュリティー装置をオンにすると、ディーゼルエンジンの振動に反応してあたり一面にアラームが鳴り響いてしまいます。

ターボタイマーのカウントがゼロになってエンジンが止まるのを待っていればいいだけなのですが、急いでいるときにはそうはいきません。

そこで、エンジンが回転中は電源が供給されているイグニッション線にセキュリティー装置本体から出ているもう1本の電線を接続してやる必要があるのです。

イグニッション線に接続してやるとターボタイマーが効いている間、つまりエンジンが回転している間はセキュリティ装置をオンにしても振動センサー(衝撃センサー)が一時停止状態になるのです。そしてエンジンが停止してから数秒経過後、振動センサーが監視を始めるのです。

ターボタイマー装着車のオーナーの方は、セキュリティー装置を購入される場合にはターボタイマーに対応しているかどうかをよく確認して下さい。

取付自体は20分程度で終了し早速動作テストを実施!クルマの前部をどついてやると大音量のアラームが...しかしクルマの後部をどついても反応はありません。そこで感度の調節ボリュームを少しずつ大きくして同じように動作テストをしてみたら今度は人が近づいただけでアラームが!

仕方なく背面タイヤの取付ラックを開いてどーんと戻したときの衝撃でセキュリティー装置が反応するくらいに感度を調節してしばらく使用していたのだが....

(続く)