シフトノブ交換

それではこれからハイラックスサーフにカシムラのLXノブ(木目)を取り付けます。

シフトノブにシャフトキャップを取り付け

まずシフトノブ本体下部のメッキリングを外して、シャフトの太さに合ったシャフトキャップを用意します。8mm、10mmまたは12mmサイズのいずれかが適合するはずです。

シャフトキャップのネジ止め

プラスドライバーを用いて、ビスでシャフトキャップをシフトノブに取り付けます。

シフトノブ本体にメッキリングを取り付け その1

それから取り外していたメッキリングをシフトノブに取り付けます。

シフトノブ本体にメッキリングを取り付け その2

これでシフトノブは完成です。あとはハイラックスサーフにシフトノブを固定するだけです。

シャフトにシフトノブをネジ込む

斜めに入り込まないように、シフトノブ本体をハイラックサーフのシャフトにねじり込みます。必要以上に締めすぎるとネジ山が傷むことがあるそうですので、ほどほどに!

シフトノブを交換したハイラックスサーフ

最後にシフトパターンに関する注意事項を記したいと思います。

道路運送車両法では、「シフトレバー又はその付近には運転席から容易に識別できるようにシフトパターンを表示しなければならない。」と規定されています。つまりシフトパターン表示を怠ると違法となりますので、厳密にいえば車検には通りません。車検場によっては、ガムテープにマジックでシフトパターンを書く、シールで作成したシフトパターンを貼る等の対策で車検に通ることもあるそうですが、現在はシフトレバーに直接記載されていないとNG(?)になるそうです。

四駆に乗ろう ハイラックスサーフをご覧の皆様、お久しぶりです。管理人の個人的な諸事情により、今年はじめてのブログの更新&半年ぶりの記事 掲載となってしまいました。

ハイラックスサーフのシフトノブ

今回は、ハイラックサーフのシフトノブを交換した時のお話です。ご存知かと思いますが、管理人のハイラックスサーフはMT(マニュアルトランスミッション)です。AT(オートマティックトランスミッション)とは異なり、ギアチェンジのたびにシフトノブを触ります。そのため、MT車に純正で付いているシフトノブの革の部分が長年の使用により傷んできました。

シフトノブの外し方

シフトノブはネジ込んでいるだけですので、反時計方向にクルクルと回すと外せます。はじめて外すときは固いかもしれませんが、頑張って反時計方向に回しましょう!

カシムラのLXノブ

今回取り付けるのは株式会社カシムラのLXノブ(木目)です。ゲート式AT車専用ノブですが、MT車にも取り付け可能です。但し、シフトパターン表示のないシフトノブは車検を通りませんので、シフトパターン・プレートなどを付けてください。

カシムラのLXノブ(付属品)

シフトノブの適合シャフトサイズは8mm、10mm、12mmです。メーカー(車種)やシャフトサイズにより取り付け不可能な場合がございますので、ご購入前にはよく確認してください。