Aピラー(内張り)の外し方

地デジのフィルムアンテナやETCのアンテナを取り付ける際には、配線を目立たなくするためにAピラーの内張り(カバー)に収めるのが一般的です。ハイラックスサーフにあるAピラーの内張りもアシストグリップ(ハンドル)を外せば簡単に外れるのですが、このアシストグリップを外すのに一苦労。

そもそもハイラックスサーフのアシストグリップは内張りの上からAピラーにネジ止めされているだけですので、ネジを緩めれば簡単に外れるはずです。ところが緩み止めのため、ボンドのようなコーキング剤が塗られているらしくドライバーを使ってもビクともしないのです。

普通の方は絶対に外せませんので、TOYOTAの整備工場や専門店に持ち込むのがベストです。ちなみに管理人はネジの頭をなめてしまったので、以下のような強硬手段を使ってしまいました。

ハイラックスサーフのアシストグリップ

これがハイラックスサーフ助手席側のAピラー内張りとアシストグリップです。内張りを外すためにこのアシストグリップを外します。

まず、上記写真の矢印の箇所にマイナスドライバーを差し込んで、ネジ隠しのためのメクラを外します。

アシストグリップのメクラを外す

メクラを外すとネジの頭がみえるので、ドライバーを使ってネジを外そうとするが全く緩まない。(この時点で少しネジの頭をなめています。)
仕方なく、錆びなどで固着したねじを緩めるための工具「インパクトドライバー(ショックドライバー)」を使用。インパクトドライバーはドライバーの後端をハンマーで打撃して使用する工具。打撃パワーの大部分はネジの頭を押さえつける力へ、一部が回転エネルギーに変換されてネジを少しずつ緩められるという工具なのですが、これを使ってもビクともしない。

駄目元で高トルクの充電式インパクトドライバーを使ってみたら、一瞬でネジの頭が真ん丸に!

今更、業者に頼んで外してくださいというわけにはいかないので、とうとう最終手段をとることにしました。

電気ドリルでネジの下孔を貫通 その1

その最終手段は、電気ドリルでネジを切り取るというもの。ドリル刃のサイズは5mmものを使用。アシストグリップを固定しているネジのサイズは6mm(たぶん?)なので、それより少し小さめのドリル刃を選ぶのがポイントです。なぜなら、ネジのサイズ以上のドリル刃を選択するとネジ山まで削ってしまい、タップでのネジ切りが必要になるからです。

電気ドリルでネジの下孔を貫通 その2

いよいよネジの切り取り作業を開始。ネジ山を傷めてしまうので、ネジの軸方向に対して垂直方向に電気ドリルを当てます。

ちなみに運転席側のアシストグリップ下側はハンドルが邪魔で真っ直ぐに電気ドリルを当てられませんので、ネジに対して最も垂直にドリル刃が当たるような位置から作業を行ってください。

貫通したネジの下孔

ネジの下孔が貫通する直前には注意が必要です。ハイラックスサーフの助手席側Aピラー内にはリア ウインドウウォッシャー液のホースが、運転席側Aピラー内には電気配線が通っていますで、電気ドリルの先端で突かないように最後は軽く押し当てる感じでゆっくりと下孔を貫通させます。

外れたアシストグリップ

上下2箇所のネジの切り取りが完了すると、ポロッとアシストグリップが外れます。ピラー側のネジ山には金属カスが残っていますので、きれいに除去しておきます。

試しに新品のネジを締め付けてみると1箇所だけネジが入らない。ピラー側のネジ山を確認してみると若干傷んでいたので、ネジと同サイズのタップで切り直し。再び締め付けてみると今度はうまくいきました。

ハイラックスサーフのAピラーを外した状態

内張りはサイドウインドウ上側(天井側)からAピラーに向かって外し、取り付けはAピラー側から行います。(以上)