HILUX SURF グッズ: 2010年4月アーカイブ

今回はハイラックスサーフが描かれた漫画をご紹介したいと思います。描かれたといっても ほんのちょこっとなのですが、小学館の週刊漫画雑誌である少年サンデーに1996年から2005年まで毎週連載されていた漫画「モンキーターン」(著者:河合克敏 全30巻)には、185型後期ハイラックスサーフが描かれています。

小学館の漫画「モンキーターン」16巻

そもそもモンキーターンとは競艇における旋回ターンの一つで、漫画の主人公である波多野憲二が従来のモンキーターンを進化させて完成させたVモンキーで、競艇界ナンバーワンを決める賞金王決定戦において優勝するというのがこの漫画の大まかなあらすじです。養成機関である本栖研修所を出て僅か5年数ヶ月(?)でトップに昇りつめたのですから、波多野憲二選手しかできないVモンキーの威力には驚かされるものです。

さて物語のあらすじはこの辺で終了して、ハイラックスサーフが登場するのは漫画「モンキーターン」の16巻、福井の三国競艇場でのレースを終了した洞口雄大と青島優子が2人目の子供の生まれた河野一実宅を訪れるというシーンです。(洞口、青島、河野の3人は波多野の同期)

福井でのレースを終了した洞口と青島を迎えに河野がハイラックスサーフであらわれる。自宅で歓談後、再び福井駅まで送るという場面にハイラックスサーフが描かれています。ちなみに描かれているのはインタークーラー付きなのでディーゼル車です。

このときに洞口からスーパーキャビテーティング型プロペラを見せられた河野は、自分も作ろうと福井支部の仲間と借りたペラ小屋と自宅との間を毎日 ハイラックスサーフで往復するだけの生活に。
そのため奥さんとの仲が悪化したりと...

波多野はというと、レース中の転落による手の負傷とリハビリ。お隣に住む幼なじみの生方 澄と同期である青島優子との恋愛関係、最終的にはどちらを選ぶのか?

これ以上、語ると著作権上の問題があるので、ここらでお話は終了させていただきます。漫画に描かれたハイラックスサーフ、そして物語の結末を知りたい方は現物をご購入ください。

ちなみにこの漫画にはハイラックスサーフ以外の四駆も登場します。波多野の師匠である古池勘一はトヨタ・ランドクルーザー(時代背景的には100型か?)、東京支部の先輩である浜岡 猛はメルセデスベンツ ゲレンデヴァーゲン、多尾 努はジープ チェロキー、香川支部の蒲生秀隆は三菱ジープ。
主人公の波多野はオートバイ派。