今年の4月下旬に高知県本川村にある長沢貯水池・大森川湖周辺の林道を走行してきました。この周辺の林道を走るのはこれで3回目で、最初は長沢林道と奥南川林道を、2回目は大森川湖の南側を、そして今回はまだ走行したことがない伊留谷林道をハイラックスサーフで探索してきました。

長沢貯水池沿いの石鎚公園線

伊留谷林道へは国道194号線から高知県に入り、石鎚公園線(高知県道40号)からアクセスします。石鎚公園線は長沢貯水池沿いに伸びており、くねくねとした狭い道が続きます。比較的交通量も多く、対向車とすれ違うときなど一苦労。伊留谷林道の入口まで10km ちょっとなのですが、たどり着くまでにかなりの時間を要したと記憶しています。

参考までに今回の走行ルート(伊留谷林道編)です。

長沢貯水池に架かる竹の川橋

長沢貯水池に架かる赤い橋「竹の川橋」です。貯水池沿いをまわるルートでも対岸にいけますが、普通はここを渡ります。

伊留谷林道の起点

竹の川橋を渡ってからおよそ10分、伊留谷林道の起点に到達です。

未舗装路に突入

写真ではわかりにくいですが、ここが舗装路と未舗装路の境目です。伊留谷林道の入口をハイラックスサーフで通過してから1分も経たないうちにダートが始まります。

林道の前半部分

フラットな路面が続きます。ほどよく林道が整備されているため、かなり走りやすそうです。

倒木に注意

右手には倒木があり、赤い紐が幹に巻かれています。林道を走っているとよく見かける赤い紐。これは目印であり、登山道等の入口であったり、危険箇所があることを示していたりします。管理人の経験では圧倒的に後者のことが多く、路肩が崩れている または 崩れやすくなっているケースが大半です。

林道を走行中のハイラックスサーフ

途中で1台のステップワゴンとすれ違いました。路面が平坦なため、伊留谷林道は極端に車高が低い車でなければ通行可能みたいです。

(次回に続く)

先日でしょうか、ハイラックサーフの3回目の車検を実施しました。今回は何故か車検の代金が安くなっており、何故かなと思って前回の車検時の明細と比べてみると1箇所だけ安くなっている項目が見つかりました。

それは自賠責保険です。前回の車検時は24か月契約で30830円必要だった自賠責保険料が22470円になり、実に8360円の減額となりました。これは一昨年の2008年4月1日より料金が改正となり、自賠責保険全体として平均22%程度値下げされたことによるものです。

今までは約11万円必要だったハイラックスサーフの車検代金が今回は10万円台に、そして定額給付金の1万2000円を足して9万円ちょっとと今回は少しばかり出費の少ない車検となりました。

久しぶりに自宅でハイラックスサーフを洗車しました。いつもはガソリンスタンドの洗車機を利用しているのですが、どうしてもリアゲートの部分だけは機械ではうまく洗えないのでたまに自分の手で洗車してやります。

ハイラックスサーフ・リアゲートの洗車

管理人のハイラックスサーフは背面タイヤ付きのため、洗車機によってはリアゲート後部を全く洗わない!洗えるタイプの洗車機だとしてもリアスポイラーが邪魔でリアウィンドウはまともに洗えないし、背面タイヤが死角になって最も汚れるマフラー上部は洗車機のブラシが届きもしない ということで久しぶりに管理人自らの手で愛車を洗車してやりました。

今回がハイラックスサーフで行くタイマツ峠林道の最終話です。
(昨年度の走行記をいまだにだらだらと書いているので、記憶があやふやな箇所があります。ご勘弁を!)

タイマツ峠林道の終盤

このあたりはタイマツ峠林道の終盤部分になります。林道自体もフラットで幅員もかなり広くなります。ここから少しばかり進むと林道の未舗装路部分は終了です。

タイマツ峠林道に設置されている案内看板

舗装路に突入して最初の三叉路手前にある道案内看板です。左に進めばタイマツ峠林道の終点へ、右に進めば梅川方面です。管理人のハイラックスサーフに取り付けているカーナビには右側方面へのルートがなかったのでとりあえず左側の林道終点へ進みます。

林道終盤の舗装路

狭い坂道を下ってしばらくすると集落が見え、無事帰還できたんだなとようやく実感できます。

濃霧で覆われた野村町

下界はすごい濃霧で覆われています。方角的には松山自動車道を見下ろすはずですが、そんなものは一切見えません。

水の峠・梅川方面の未舗装路

先ほど通過した三叉路の右側が気になったのでUターンして進んでみると、わくわくするような荒れた林道が続いているではないですか。何箇所か分岐路がありましたが、山中へ林道が続くと思われる水の峠方面へハイラックスサーフを走らせました。

秋深まる林道にて

秋を感じさせる落ち葉が路面全体を覆った山道を進みます。誰もいない&誰も 通過した形跡がないので何か不気味な感じがします。

山中を貫く未舗装路

はっきりいって自分がどの方面に進んでいるのかもわかりません。松山自動車道が見えないので、おそらくは東方向にある国道441号線に向かっていると思われます。

我が道を突き進むハイラックスサーフ

緩やかなカーブの多い森林の間を進んでいるので前方の視界はあまりよろしくありません。

国道441号線に到達

タイマツ峠林道から走ること6km、ようやく国道441号につながる舗装路の登場です。今回の走行時間は1時間30分、未舗装路全体の走行距離はおよそ20kmです。以上

今年の7月中旬に管理人が林道デビューを果たした愛媛県久万町ほうじが峠周辺の林道(井内峠林道経由)をハイラックスサーフで走行してきました。この話は次回以降で!

この最近 富士山であったキャンピングカーの落石事故は林道走行をする管理人にとっても他人事ではない出来事です。今にも崩れそうな巨大な岩の傍をすり抜けたり、いつ転がってくるかもわからない石の塊の傍を通過するのですから!
この最近は雨続きで地盤も緩んでいる時期、しばらく林道探検はおあずけです。

愛媛県野村町の林道「大判明松林道」を抜けると次はタイマツ峠林道です。

タイマツ峠林道の起点付近

このあたりからタイマツ峠林道です。ちょうどこの部分は三叉路(写真ではわかりにくいですが)となっており、国道441号線へ抜ける道(手前)、タイマツ峠に至るタイマツ峠林道(直進)および大判明松林道(左手)が合流している地点です。左手の山の斜面がいまにも崩れそうな感じがするので、あまり長居はしたくないです。

タイマツ峠林道を走行するハイラックスサーフ

薄暗い杉林の中をハイラックスサーフで進みます。

林道の路面

幅員も狭く、急なカーブがあったりと変化に富んだ林道です。薄暗い杉林を抜けたと思ったら直射日光が直接フロントガラスに当たって、目が慣れるのにしばらくかかり苦労することも...

タイマツ峠林道と大判明松林道の交差点

タイマツ峠林道と大判明松林道が交差している十字路、ちょうどこのあたりがタイマツ峠です。左に進めば藤ヶ成林道へ、つまり先ほど通過した大判明松林道の三叉路と合流します。

ラリー車通行禁止の看板

ちょうどタイマツ峠にあったラリー車の通行を禁ずる立て看板です。
看板の内容は、

ラリー車のみなさまへ
「当林道において騒音や道路破壊に対する苦情が多発しています。また道路修復に莫大な費用をかけております。そこで今後一切 ラリー車の通行(練習走行含む)を禁止しますのでご協力をお願いいたします」

同様の看板が藤ヶ成林道の中盤付近にあります。こちらのほうの看板は、ラリー車の通行を禁ずる他に、ラリー大会(タイムトライアル)の無断開催を禁ずるという内容のものでした。

そもそもラリー車の定義が不明ですが、管理人はハイラックスサーフでのんびりと林道を走行しているだけ、自分の車はラリー車でもなければ道路破壊等も行っていないと勝手に解釈してこのまま進んじゃいましょう

タイマツ峠付近

十字路から先のタイマツ峠は幅員が1.5倍程度広くなり、フラットな路面がしばらく続きます。(次回に続く)