taiga.k.n: 2007年5月アーカイブ

車を購入する際に必要なものは、

自動車保管場所申請書
印鑑証明もしくは住民票
委任状


と、

車の購入資金

です。

自動車保管場所申請書や登録手続きを代行してもらうための委任状は販売店が作成してくれます。

印鑑証明は、車検証の車の名義を自分にする場合に必要で、自分名義にしない場合は住民票が必要です。

ちなみに、管理人が中古車をガリバーで買った際に用意したものは

印鑑証明



クルマの購入資金

だけです。あとの手続きや書類作成は、全てガリバーが代行してくれました。

以上

たまたまガリバーのホームページで見つけた1台のハイラックスサーフ。

そのサーフの見積もりを自宅近くのガリバーで出してもらいました。

  • 車両価格 128万円
  • 諸経費(自動税、車庫証明、自動車取得税、手数料)など 12万円
  • 小計 140万円

  • 関東地方から四国地方への陸送費 5万円
  • タイヤが磨り減っていたのでタイヤ4本分交換 10万円
  • 何箇所か傷があったので板金&塗装費用 5万円
  • 小計 20万円

  • 合計金額160万円

合計金額160万円を、交渉して10万円の値引きで


合計金額 150万円也

店員の話では、今のところは買い手がいないが、いつ買い手が現れるか判らないとのことなので、しばらく熟考して、その場で購入を決めました。

以前から、

次回に車を買い換えるときは四駆を!

と思い、雑誌やホームページで車種を検討している矢先に、今まで乗っていた車が事故により小破、事故の原因は相手車両の前方不注意でした。

修理して乗り続けるか、廃車にして新しい車に乗り換えるか悩みましたが、四駆に乗ってみたかったので、廃車にすることに!

乗り換える車の候補を、

ハイラックスサーフ、テラノ、ビッグホーン

の3車種に絞り、いろいろと検討した結果、

ハイラックスサーフ

を購入することに決定!

ハイラックスサーフの中古車の相場などを調べるため、インターネットで、サーフを探していたら、ガリバーで気になる1台の車を発見。気になるので、自宅近くのガリバーに出向くことにしました。

その1台の車とは、

  • ハイラックスサーフ KZN-185W SSR-G
  • MT車
  • 色 ライトブルー
  • 2インチリフトアップ
  • ディーゼル車
  • ワンオーナー
  • 走行距離7万キロ

車両価格が128万円

でした。

※納車前の写真が見つかりましたので掲載します

納車前のハイラックスサーフ

早速、ガリバーに出向き、先程見たハイラックスサーフの旨を伝えると、詳しい車の情報をパソコンを使って説明してくれました。ついでに、見積もりも出してもらいました。

見積もりの詳細は次回で...

昨年、オークションでハイラックスサーフのラジコンを衝動買いしてしまいました。

ラジコン 1

今現在、管理人乗っているハイラックスサーフと同色のライトブルー。落札価格は送料込みの3500円程度だったと思います。もちろん新品です。

ラジコン 2

  • 発売元 太陽工業株式会社
  • TOYOTA HILUX SURF
  • 6Vジェットターボ

  • フルファンクションR/C
  • 1/14大型精密スケールモデル
  • 4輪フルサスペンション
  • 最大スピード12km/h

とも洗いで注入したオイルが抜けるまで、しばらく時間がかかりますので、買ってきた新品のオイル缶を1缶開封してオイルジョッキに注ぎます。4リットルサイズのオイルジョッキですので、1缶丸ごと入ります。

ハイラックスサーフのオイル交換 10

オイルが抜けたら、ドレーンプラグを締めます。

それから真っ黒なオイルが付着したドレーン口周辺をウエスできれいに拭きます。ウエスで拭いておかないと、車体の下にオイルの漏れを発見した場合、ドレーンプラグから漏れ出したオイルなのか、ドレーン口より排出して車体に付いていたオイルが落ちたのか判らなくて困ることになります。

下の写真は、先程、エンジンから抜いたオイルです。

真っ黒ですね!

新品のオイルも1週間も走れば真っ黒になっちゃいますけど....

ハイラックスサーフのオイル交換 11

オイルジョッキのオイル"4リットル"を全て注ぎます。全て注いだら、もう1缶のオイル缶を開封して、今度は2リットル、オイルジョッキに注ぎ、全てオイル注油口に注入します。

ハイラックスサーフのオイル交換 8

ここまでで、6リットルの新品のオイルを注入したことになります。

念のため、オイルゲージで確認して下さい。オイルゲージは下の写真の赤丸の中にある、黄色の取っ手を上方に引っ張り上げると出てきます。

ハイラックスサーフのオイル交換 12

オイルゲージの先端をウエスで吹き、もう一度差し込んでください。それからもう一度、ゆっくりと引き抜いて下さい。この時点では、オイルゲージにオイルは付着していないはずです。

オイルゲージ

今度は、オイルジョッキに0.5リットル程度注ぎます。今度は、一気に入れるのではなくて、オイルゲージでオイル量を確認しながら数回に分けて入れて下さい。

ハイラックスサーフ 185前期型ディーゼルエンジンはオイル交換時には、オイルが約6.5リットル必要です。

オイルは、水のようにさらさらしてませんので、オイルを注入してもすぐにはオイル液面が上昇しません。ゆっくりと液面が上昇しますので、しばらく待機してからオイル量を確認して下さい。

オイルゲージの下限と上限の間にオイル液面があれば、OKです。

オイルゲージを元の場所に差し込み、オイルキャップをしっかりと締め、こぼれたオイルを拭き取って下さい。

最後に、ハイラックスサーフのエンジンをかけてしばらく放置して、エンジンを止めて下さい。エンジンを止めてから5分後、もう一度オイルゲージでオイル量を確認して下さい。足りなければ、オイルを補給して下さい。

これで、オイル交換は終了です。余ったオイルは、次回のオイル交換時に"とも洗い"で使用するので、倉庫の片隅にでも保管しといて下さい。

(メンテ編 オイル交換 終わり)